白石麻衣と青山のお洒落レストランでデートしたら、きれい過ぎて死んだ

多くの人で賑わう青山通りに背を向け骨董通りからさらに一本入った住宅街。そんな静かな場所に、日本を代表するイタリアンのシェフがひっそりと店を構えた。

そんな、知る人ぞ知る話題の新店に自他共に認める〝たくさん食べる派〟という乃木坂46・白石麻衣さんをお連れした。

「メイン通りから足を延ばせば、こんな開けた空間があるなんて知らなかったので、とても新鮮に感じます。お洒落な街だという以外に、青山には秘密めいた大人の表情もあるんですね」


「私の知らない青山がありました」

いま最も輝いているアイドルのひとりが乃木坂46の白石麻衣さんであるという意見に、異論はないはずだ。

7月某日、青山で話題のレストランで、そんな彼女の隠れた素顔に迫ることに成功した!


まず、白石さんは大層美味しそうにゴハンを食べる女性である。アイドルでよくある〝食べている風〞ではなく「これ美味しい〜!」と言いながら、カッペリーニを巻くフォークが止まらない!

「食べることが大好きなんです。忙しい時も、美味しい食事があればリフレッシュできますね。焼肉とか大好き」。

ここで本邦初公開!白石さんが焼肉をどんな順番でオーダーするのかを教えてもらう。

「まずタンからいきます。次はハラミですね。次にイチボとかちょっと変わった部位にいって、〆は冷麺。デザートは絶対に欠かせません」。

(……普通だった!)そのよくあるオーダー順に、親近感が湧きあがる。

徳谷トマトの冷製カペッリーニ高知産¥1,800(ハーフサイズは¥1,000)


白石さんが食べているのは、夏らしいカッペリーニ。しっかりと冷やされた器に、たっぷり盛られたトマトは見た目にも鮮やか。爽やかかつ強さのあるトマトと、カッペリーニの細麺が絶妙のバランスで絡み合う。

「トマトの味がすごく濃厚です。それでいて喉越しがよくて、いくらでも食べられそう(笑)。暑い季節、また食べたくなっちゃいます」とご満悦の様子だ。


そもそも、白石さんはプライベートで、どのエリアによく出没するのだろうか。

「私、青山にも来ますよ。お気に入りのアパレルとか雑貨屋さんでお買い物をして、カフェでお茶したり」。

(え、この白石さんが青山とか普通に歩いている!?)

「色んな街へ繰り出すので、守備範囲は広いはず。素敵な今日のお店は、すぐにでもメンバーに自慢しちゃうつもりです(笑)」。

メンバーの話がでたところで、乃木坂46の中から、白石さんが「青山46」を選ぶとしたらセンターを誰にするのか聞いてみた。

ズバリ「AOM46」のセンターは?

「面白いですね〜、お洒落なお姉さんということで、同い年の衛藤美彩ちゃんかな。私たち世代が似合う街だと思うので、本当にやってみたいかも!」

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo