ガッツリ肉で盛り上がりたい日はここ!ワイワイ食べたいシュラスコ5選

みんなでワイワイ盛り上がれる「シュラスコ」は、夏にぴったりのエンタメ・グルメだ!

希少牛のスペシャルシュラスコを味わいながら乾杯すれば、ハイテンションの楽しい一夜になること間違いなし!

一番人気はピッカーニャ(牛ランプ&イチボ)

ラテンのパッションに恋の炎も一層燃え上がる『リオグランデグリル』

2014年春にオープンしたブラジリアンバーベキュー専門店『リオグランデグリル』。こちらの夜メニューは、ずばり「シュラスコ」のみ。

牛、豚、鶏の各種串焼き肉と50種類のビュッフェが食べ放題。さらに追加料金でビール、ワイン、カクテルなどのドリンクが飲み放題に。

巨大な串焼きの塊肉がテーブルに回ってきて、目の前で食べたい量だけ切り分けてもらうスタイルは、迫力満点で盛り上がること必至。

ビュッフェには多種類のブラジル料理が並ぶ

肉のサーブは、手元の札のYES/NOで提示するだけというのもスマートでいい。しかもここはシュラスコ専門店では珍しく黒毛和牛のランプが出されるので、忘れずにリクエストしたい。

ボトルワインも種類豊富

そして目玉はなんといっても広々としたテラス席。中庭になっているので、六本木の喧騒も嘘のよう。

外飲みが気持ちいいこの時期、ワイワイと賑やかな雰囲気の中、旨い肉と酒に酔いしれつつ夜風に当たれば、女子のハートもオープンになること請け合いだ。

シュラスコだからこそ、そしてバルバッコアだからこそ体験できるこの臨場感とシズル感!

肉塊で盛り上がれ!青山『バルバッコア』

東カレユーザーにもファンが多い『バルバッコア』。

1990年ブラジル・サンパウロに誕生し、ブラジル国内には関連店舗を含め全7店舗、イタリア・ミラノに1店舗展開しており、グローバルな人気を誇る有名店である。

日本では1994年に、1号店である青山本店をオープン。その後、六本木、丸の内、渋谷、新宿、心斎橋、品川や大阪梅田に展開している。日本におけるシュラスコ人気を牽引してきた人気のお店の1つである。

ブラジル国旗のモニュメント

インテリアは、木の温もりとレンガを基調とした懐かしさを感じるアットホームな造り。開業当時から続く各界著名人からのサイン入プレートも健在だ。

入口には、ブラジル人アーティストによるブラジル国旗をモチーフとした絵画を飾り、本場の雰囲気を演出。

店内は、臨場感溢れるダイニングが広がり、中央には巨大なサラダバー、その脇にはシュラスコマシンを設置し、お肉を焼いている様子を眺めながら食事を楽しめる。

カウンター席では、大きなガラス越しには、シュラスケーロ(シュラスコマシン)でシュラスコが豪快に焼かれている様子を目の前で眺められる

リニューアル前の温もり感はそのままに、より一層綺麗に生まれ変わった店内

目の前でカットしてくれる様子を見ていると、期待も高まり食欲がぐーんと増す

食事用カウンター席はさらに『バルバッコア』としてはここだけ!臨場感溢れる雰囲気で、肉ラバーを迎える。

料理はもちろん、本格的なシュラスコ料理と豊富な種類のサラダバーを食べ放題スタイルで提供されるぞ。

この焼パインが絶大な人気を誇っており、焼パインをひたすらおかわりする人も少なくない

メニューは「シュラスコセット」のみ。15種類のシュラスコと約50種類のサラダバーが食べ放題で、シュラスコにも色々な牛肉の部位や鶏肉、豚肉、ソーセージ、野菜などがある。

お肉は原塩でしっかり味がついているためそのまま味わえるが、さっぱり味の「野菜モーリョ」と醤油ベースの「和風モーリョ」の2種類のソースを気分で味わってみてもいい。

サラダバーには新鮮野菜やデリなどを並べ、ヤシの新芽のボイルなどのブラジル独特の食材や、煮込み豆料理といったブラジル料理を。

別途「デザートブッフェ」を注文すればブラジリアンデザートも食べ放題だ!お腹いっぱい食べて、思う存分盛り上がろう!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo