代々木上原は地元民が愛する店こそ本気で旨い!絶対に外せない名店8選

今や東京きっての旬のグルメタウンとなった代々木上原。

美味しい店は多いと聞くけれど、もっとこの街を知りたいなら、まず地元住民が愛する店を押さえるのが先決だ。

今回は、数ある店のなかでも地域の人から絶大な支持を得続ける名店を紹介しよう。

ダウンライトが照らす温もりある店内

大切な誰かを誘い訪れたくなるイタリアン『カーサ ヴェッキア』

代々木上原駅から徒歩数分で辿り付く路地にひっそりと佇むイタリアン料理店『カーサ ヴェッキア』。

控えめな佇まいながらも店内はいつも地元の人で賑わい、ダウンライトに照らされる人々の誰もが笑顔で、アットホームな心地よい雰囲気が流れるのも、シェフの見崎氏が作り出す料理の美味しさと彼の人柄ゆえだろう。

ディナーの一皿目「前菜の盛り合わせ」。ひとつひとつ全てが美味しく丁寧に作られていることがひと口食べればすぐに分かる

高校を卒業と同時に単身イタリアに渡り、はじめて訪れた地でさまざまな経験を積んだ見崎氏が料理と出会ったのもイタリアでのこと。

そこで人生を楽しむイタリアの人々が生み出すイタリアの食文化の温かさを知り、帰国後その美味しさを伝えたいと2001年にオープンしたのが『カーサ ヴェッキア』だったのである。

以前、住んでいた代々木上原という地を独立の場として選んだのもシェフの先見の明。

お得なパスタランチから徐々にその美味しさが口コミで広がっていき、常連の家族、友人、同僚…とお客がお客を呼び、今では代々木上原を語る上で欠かせない名店のひとつとなっている。

「ハモとキュウリ レモンのソース」

定番のパスタに加えて5種類ほど旬の食材を使用したパスタを用意する同店。

今回は用意いただいたのは夏に提供される「ハモとキュウリ レモンのソース」。アンチョビとドライトマト、レモンの皮をベースにしたソースに、キュウリのシャキシャキとした食感と味わいがプラスされ、この時期にぴったりの爽やかな一皿である。

本場イタリアを料理人としてではなく、一人の人間として赴き、生活した見崎氏だからこそ、『カーサ ヴェッキア』には彼の実体験が詰まっているのだろう。

まるでイタリアの温かさをギュッと凝縮したかのような温もりに、代々木上原の人々は日々癒されているのである。

坦々麺

罪悪感とは無関係なのに満足感も高い坦々麺が絶品『ジーテン』

吉田勝彦シェフが腕を振るう野菜を中心とした中華料理店『吉田風中国家庭料理 jeeten』。同店で味わいたいのは「坦々麺」である。

担々麺といえば、擦りごまに油をたっぷり加えて作る芝麻醤を使うところ、胃もたれしない吉田風中国料理は一味ちがう。ごま自体の油分だけで滑らかに伸ばした白ごまの練りごまを、多種多様の香味野菜、鶏のガラと挽肉でつめたスープで溶く。

油っこくなく、最後の一滴まで飲めるから、汁の中に残りがちな挽肉も平らげられるのが嬉しい。自家製ラー油の青花椒がピリリと効き、赤に負けない満足感。

そして、空になった器を前にしても、罪悪感とは無関係。なんせ麺はたったの80g、通常の約6割の分量だ。代々木上原に住む人々が通うのも頷ける名店である。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo