青山なら二軒目のバーも決めておけ!世界のNARISAWAがバーをオープン!

(写真左から)「デトックスグリーン」(1,500円)、「ビーズ ハニー ガーデン」(1,800円)、「シソ スマッシュ」(1,700円)

オリジナルカクテルもさすがの名作ぞろい!

また店名を冠す「ビーズ ハニー ガーデン」もイチ押しだ。

そもそも『BEES BAR』という名には、自然界に欠かせない存在である蜂のように、無くてはならない源のような存在でありたいという成澤シェフの願いが込められている。

フレッシュな白葡萄の香りをそのまま楽しめる「ジーヴァイン ジン」をベースに、兵庫県産のレモン、そして自家製のハーブシトラスウォーターを使用。グラスの上には、エディブルフラワーが彩りを添える。

またアルコールが苦手な人のために小松菜や大葉、バジルなどを使用した「デトックス グリーン」など酵素カクテルやスムージーが用意されているのも嬉しい心遣い。

「比内地鶏の唐揚げ、醤油ダレと温泉卵」(900円)

ひとつひとつ美味しさを追求したつまみに感動

2軒目での利用であってもお酒が進めば、小腹も減ってくる。

フードメニューに目を通すとそこに並ぶのは、「から揚げ」や「モツ鍋」、「ビーフカレー」といった馴染みある料理たち。

素朴なメニューでありながらも、口に入れれば今まで食べてきたどんな“それ”よりも美味しいのだから堪らない。

例えば「比内地鶏の唐揚げ、醤油ダレと温泉卵」。カリッと揚がった衣の歯ごたえを感じた瞬間に、柔らかな比内地鶏の食感とともに旨みがジュワッと溢れ出し、いくつでも食べられそうなほど美味。醤油ダレと温泉卵の他、3種が用意され、味を変えながら楽しむことができるのも嬉しい。

「DRY AGED WAGYU BEEF (250g)」(9,800円)

このつまみの美味しさを知ってすでに一軒目として利用する人も多くなっている同店。

そんな人にはぜひ「DRY AGED WAGYU BEEF (250g)」をオーダーして欲しい。

『NARISAWA』が持つ熟成庫でドライエイジングした黒毛和牛のロース肉を、岐阜県飛騨から届くナラの薪の熾火で焼き上げており、その赤身がもつ旨みは噛むほどに、ジュワリと口いっぱいに広がっていく。

「シーフードカレーライス」(2,200円)。お通しとして供されるのは「くず粉チップス」も美味

夜も更け、そろそろ〆に入りたくなったら「シーフードカレーライス」をオーダー。

独自に調合したカレースパイスに、海老でとったソースを加え、人参、玉葱、セロリなど大量の野菜でとろみを付けたカレーは、お酒にも良く合い〆であることも忘れて、ついもう一杯注文してしまいそう。

バーでありながら、全面禁煙、チャージフリーという新しいスタイルで、今までのバーのイメージを払拭し、『NARISAWA』ならではのバーを生み出した成澤シェフ。

季節により移ろいで行く自然と同様に、カクテルや料理も表情を変えていく『BEES BAR by NARISAWA』。今後の展開にも期待していきたい名店である。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo