これぞパンケーキの女王!帝国ホテルの上品すぎる名作をご紹介!

やっぱりパンケーキはシンプルが一番!一度は味わって欲しいパンケーキが「帝国ホテル 東京」本館一階にある『パークサイドダイナー』の「インペリアルパンケーキ」だ。

今回は、気品と風格を兼ね備えた「パンケーキの女王」と呼ぶにふさわしい逸品の美味しさの訳とその歴史に迫った!

「インペリアルパンケーキ いちご添え」(1,650円)

気品と風格を漂わせる唯一無二の美しいビジュアル!

帝国ホテル東京の本館一階にある『パークサイドダイナー』で提供される「インペリアルパンケーキ いちご添え」は、「これぞパンケーキ」と思わず声を上げそうになるほど、美しいビジュアルが特徴である。

テーブルに運ばれてくると、甘い香りが漂うと当時に、均一で美しい焼き目が目に飛び込んでくる。

ホイップバターは別添えで提供されるので、好みの量を付けて召し上がれ

パンケーキをデザートに!革命を起こしたのがこの逸品

このパンケーキの歴史がスタートしたのは、1953年。この当時は、パンケーキは朝食のひとつであり、「3時のおやつにパンケーキを食べる」という発想は、西洋料理界にはなかった時代。

ティータイムメニューにパンケーキを提供するという試みは、かなりのチャレンジだった。

しかし、実際に提供をはじめると、その美味しさから瞬く間に人気メニューになったという。これはデザートにおける革命のワンシーンと言えるだろう。

現在の『パークサイドダイナー』に至るまで、提供する場所こそ変われど、常に不動の人気メニューとして君臨し続けているのである。

「1ドル銀貨パンケーキ」(1,250円)もおすすめ

美しい焼き目を生み出す焼きの工程に技あり!

この美しい焼き目を生み出している、焼きの工程に職人技を感じる。

混ぜ合わせた後に、少し寝かせた生地をパンケーキ専用のディッシャーですくい、厚さ3㎝の鉄板へと流す。この時の鉄板の温度は約180度、油を良く馴染ませておくのがポイントだという。

この温度と油の具合が少しでも狂うと、この均一な焼き目は生まれない。「鉄板の管理がなによりも大切で難しい」とシェフの松本さん。

こちらもメイプルシロップとホイップバターはお好みで

鉄板の特徴を感覚で覚え込み、修業を積んだ料理人のみが作ることを許される伝統のパンケーキ。マーガリンとバターを混ぜ合わせて作られるホイップバターや、メイプルシロップとともに食べるのもいいが、まずはそのまま生地のみの美味しさを味わいたくなる。

ふんわりと軽い食べ心地で、3枚と見た目のボリューム感はあるが、ペロリと完食できてしまう。中には食事の後に、デザートとして食べていく人もいるほどだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo