ハイスペ婚の履歴書【夫】 Vol.6

浮気願望ゼロだったのに…。一瞬の心の隙をつかれ全てを失った男:ハイスぺ婚の履歴書【夫】

好き、じゃなきゃ結婚できない。
でも好き、だけでも結婚できない。

東京で勝ち組でいつづけるには生まれ・学歴・収入・ビジュアルが複雑に絡んでくる。欲望と打算と、認めたくない妥協と。

勝ち組と言われる結婚をした夫婦たちは、どう折り合いをつけハイスぺ婚に至ったのか?

披露宴で聞かされる新郎新婦の馴れ初めなんて、正直もう聞き飽きた。

ハイスペ婚に辿りついた夫婦たちの、これまでの人生とは?

完璧な元妻、昌子を裏切った夫の2度の結婚生活とは?


年収1,200万円:裕也(32歳)総合商社勤務の場合


品川駅の喧騒を感じさせない『モンドバー』の片隅で、裕也はボーっと窓の外を眺めていた。何かスポーツでもやっていたのだろうか、スーツの上からでも胸板の厚さが見てとれる。

その体格の良さには似つかわしくないか細い声で、淡々と語り始めたー。



全部、僕が悪いんです。

昌子のことを裏切り傷付けてしまった…。でも、こうなった以上、新しい家族を守り幸せにしていくしかないんです。そう、腹をくくったつもりなのに、ふとやりきれなくなって、電車で帰る前にこのバーに立ち寄るようになってしまいました。

僕も帰国子女なんです。高校の途中までアメリカにいて、大学から慶應に入りました。日本にいたのは幼少期だけで、大学くらいは日本で教育を受けた方が良いという両親の方針がありまして。

大学では体育会のラクロス部に入って、練習に明け暮れる毎日でした。

体育会ですからね、合コンは沢山ありましたけど、僕ああいうの苦手なんですよね。

「え~すご~い♡」とか言われても嬉しくも何ともなくて。だったら自分も努力すれば良いじゃないって思っちゃうんですよ。いくら顔が可愛くても魅力的だと思えなくて。

そんな僕を心配したのか、おせっかいな部活仲間が、きっと気が合うからと紹介しくれた理工学部の子と付き合うことになりました。

彼女は実験が多くて、汚れても良い格好しかできないんだと少し残念そうに話していました。それでも僕には、自分のやりたい学問を見つけて邁進している彼女が輝いて見えました。

【ハイスペ婚の履歴書【夫】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo