東京カレンダーイチオシ! 「見て楽しい、食べて美味しい」グルメ動画 Vol.62

唐辛子をMAXで大辛に!グルメタウン代々木上原のウマ辛四川はココ!

ただ辛いだけではなく、旨味もたっぷり感じられ、一度食べたらまた来たくなる!そんなウマ辛グルメを味わえるのが『虞妃』だ。

今回は辛さレベルMAXの「虞妃特製 麻婆豆腐」の美味しさの訳に、動画で迫った!

「虞妃特製 麻婆豆腐」(1,600円)

不動の人気を誇る麻婆豆腐は旨みもたっぷり!

代々木上原駅から徒歩2分の『虞妃』。オープンキッチンで腕を振るうのは、都内や本場四川で研鑽を積んだシェフ佐藤剛氏だ。

同店の人気NO.1は「虞妃特製 麻婆豆腐」。辛さは「小・中・大」の三段階から選べ、今回はもちろん最大の大辛でオーダー。

店主のこだわりとして「麻婆豆腐は煮るのではなく炒めるのが大事」という理念のもと、全体を煮詰めず、手早く炒めて作られていく。

一度食べたらクセになる味わい!

まず自家製の麻辣醤、高級な郫県豆板醤、豆豉、ニンニク、唐辛子の粉末を油で炒め、鶏ガラスープを加える。

その後炒めた挽肉を入れて、紹興酒、醤油で味を調え、片栗でとめる。そこに辣油と山椒油を加え、香ばしさを出すために少し炒めてから盛りつけ、仕上げに山椒と唐辛子の粉をかけて完成!

この炒めた唐辛子と、仕上げにかかる唐辛子の辛さの違いが、辛味に深みをプラス。山椒の程よい痺れもいいアクセントに。

「虞妃特製 坦々麺」(1,200円)

サラッとした口当たりながら、奥深い味わいのスープに技ありの「虞妃特製 坦々麺」もおすすめだ。

「坦々麺」で使う芝麻醤は、すり胡麻を油で熱して作る店もあるが、同店はジューサーで攪拌して油と乳化させている。それ故、スパイスの辛さが主張しすぎず、胡麻の香りが引き立つまろやかなスープが完成するのだ。

また、適量の酢を入れるのもポイント。コクがありながらもさっぱりとしたスープは、喉越しの良い細麺とベストマッチ!

あまりのおいしさに自分だけの秘密にしたくなるメニューである。

テーブル席、カウンター席、テラス席。それぞれシーンに合わせておさえたい!

旬の食材を使用した季節料理も揃え、ディナーでゆったり紹興酒を楽しみたくなる名店であるが、まずは、一人でランチタイムに行くのもアリ!

「麻婆豆腐」や「坦々麺」は、ランチタイムであれば、サラダ、ザーサイ、ライス、ミニデザートつきで、1,300円とお得だ。

四川料理の基本のメニューなのに、美味しさのレベルはけた違い!一度食べたらまた忘れられなくなる美味しさゆえ、きっと通いつめてしまうだろう。

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

【東京カレンダーイチオシ! 「見て楽しい、食べて美味しい」グルメ動画】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo