大公開!恵比寿で遊ぶ美女たちに聞いた「私はこの店で落ちた」リストはこれだ!

今回話を聞いたのは、恵比寿在住、または恵比寿が勤務地、という5人の美女たち。

彼女たちがデートで「落ちた!」と思ったお店の共通項は、「隠れ家感」、「カウンター席」、そして「こんな店を日常使いしてるんだ!」と思わせる「こなれ感」だった!

田中杏奈さん/証券会社勤務


駅近なのに、隠れ家感全開!
カウンター席での本格和食に思わず胸が高鳴ります!
『くおん』

西口から3分。入り組んだ道を進んだ先に、和食の実力店がある。

「階段を上るときからドキドキした」という彼女だが、さらに驚いたのは、満席でにぎわうカウンター席。

新陳代謝の激しいこの街で10年以上、愛され続ける人気店。小上がりのテーブル席もあるが、デートであればカウンター席が絶対

「知る人ぞ知る人気店なんだ、ってひと目でわかる感じで! 横並びにときめきつつ、美味しい和食と大人な雰囲気に酔いました」

「炙り〆鯖の棒寿司(2貫)」¥800は、訪れる客のほとんどがオーダーする看板料理。「お魚はもちろん、お野菜もおいしくて、ついつい日本酒が進んじゃった!」

知らないと辿りつけない立地も、高ポイント!

小畠瑠見子さん/広告代理店勤務


デートで中華!? 意外なチョイスも
恵比寿だから許されます
『中村玄』

デートで中華をチョイスする男子って、そう多くない。

「だからデートでチョイスされただけでも、さすが!って驚きました。さらに個人宅のようなアパートで、表札しか手がかりがないなんて、ツウすぎます!」。

本場北京の人気料理「麻辣香鍋」は、10種以上の野菜の素揚げにたっぷりの唐辛子

料理は当然、ここの名物である激辛鍋1択。「汗をかきながら食べたのも、いい思い出です」

異国情緒漂うインテリアも女子ウケ抜群

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo