麻布十番は「港区の下町」だ!地元密着の魚屋が営む絶品定食屋!

「うにいくら丼」(2,980円)※ミニは1,880円

〆は絶対コレ!輝くうにといくらがたっぷり!

〆の一品としてオーダーしたいのは「うにいくら丼」。

温かいご飯の上に盛られた、うにといくらがキラキラと輝きを放ち、もう既にお腹いっぱいにも関わらず、不思議と箸が伸びてしまう魅力的なビジュアルである。

まずはうにといくらのみを贅沢に堪能!

一緒に盛られたたまご焼きや、鮭の身、お新香などで箸休めしつつ、ペロリと完食。『魚可津』の夜を締めくくりにぴったりの逸品である。

「魚可津定食」(1,200円)

ランチはお得な定食で『魚可津』の魅力を発揮

『魚可津』はランチのお得さも魅力のひとつ。今回はなかでも人気の「魚可津定食」を紹介しよう。こちらは好きな魚1品+ご飯、味噌汁、小鉢3品、お新香が付く定食だ。

「筋子」(200円)や「明太子」(200円)、「納豆」(100円)などをプラスすることもできるが、大抵はプラスなしで大満足。

ボリューム満点で食べ応え抜群の定食だ

常時9~10種ほどの魚を揃え、この日は「さけのかま塩焼き」をご用意いただいた。

立派なさけのかまをこんなにお得に提供できるのも、長年築地に通う正木氏だからこそである。

2階には小上がりもあり、グループでの会食にも対応

魚の美味しさを存分に楽しめる定食を味わいつつ、店内の厨房へと目線を移すと、今朝仕入れた鮮魚が次々と捌かれている。

「今日のセイゴはカマ残しで頭落とし。半身骨付きで」魚を見極め、その日の料理を思い描く3代目の指示を受けて、テキパキと仕事をこなす料理人たちの姿が目に入る。

こうした仕事に宿るのは鮮魚店のプライドそのもの。「すべては美味しい魚のために」。メニューに書かれたこの標語が、『魚可津』のすべてを物語る。

「麻布十番の良心」と呼びたい名店だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo