スイーツ好きには究極の選択だ!ふわふわホットケーキ VS 絶品フルーツサンド!

どちらにしても後悔なし!間違いない美味しさだ

口当たり良いふわふわの生地が、どこか懐かしい味わいのホットケーキ。そして旬のフルーツとコク深いの生クリームをたっぷり使用したフルーツサンド。

この2品を目の前に、どちらかを選べと言われたら…あなたならどっち派?

今回はこの2品がどちらも人気を誇るスイーツ店『ホットケーキ つるばみ舎』で、究極の選択を実践してみた!

「ホットケーキ」(2枚620円)※1枚340円

これぞ王道にして至高のホットケーキ!
クラシカルな佇まいにそそられる

こちらで味わえる「ホットケーキ」は、ホットケーキとはこうあるべきという理想型と言える。

銅板で焼き上げることで生み出される、美しい黄金色の焼き目。ナイフを通せば、表面のカリッした感覚のすぐ後に、ふんわりと柔らかな感覚が伝わってくる。

まずは生地の美味しさを堪能。焼き立ての香ばしさを楽しみつつ頬張れば、奥久慈卵を使用した贅沢な生地の美味しさが口いっぱいに広がっていく。

バター追加は+60円。半バターにすることも可能

バターとメイプルソースが引き立てる美味しさ

続いては、バターとメイプルソースをかけて召し上がれ。同店のメイプルソースは、なんと自家製。しっかりとした味わいの生地に合うように調整され、優しい甘みが感じられる。

そしてバター、ソース、生地が一体となったときに生まれるハーモニーは、想像以上の美味しさ!期待を裏切られることなく、優に越えてくる実力派ホットケーキと言えるだろう。

仕上げに押されるどんぐりの焼き印

万惣出身のご主人のこだわり

この絶品ホットケーキを生み出しているのがご主人の冬木氏。梅ヶ丘の『リトルツリー』を経て、2015年に『ホットケーキ つるばみ舎』をオープン。

2012年3月に惜しまれつつ閉店した老舗『万惣フルーツパーラー』で修業を積んだ冬木氏は、この経験に自身の思い出の味を重ねて現在のレシピを考案したという。

熱伝導率のいい8mmの特注銅板で一枚一枚丁寧に焼き上げていく冬木氏の視線は、真剣そのもの。その姿勢からもホットケーキへの愛情を感じられる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo