絵本のようなビジュアル!理想のホットケーキはココにあった!

まるで絵本に出てくるホットケーキのようなビジュアルが堪らない!

美しい厚みに、こんがりキツネ色の焼き目……。頬張るとカリッとした表面の香ばしさと、追いかけるようにふんわり食感が押し寄せる!

今回はそんな理想のホットケーキを提供する『ペドラブランカ』を紹介。こだわり抜いたレシピも公開していただいた!

「ホットケーキセット」(1,200円 ※好きなドリンク1杯とセット)。ほんのり甘みをプラスして練り、ホットケーキの味に合うように調合された自家製バターを使用

極限まで追求されたプレーンな味わい。トッピングはバターのみ

ホットケーキと聞くと、バターにシロップを付けて食べるものと思いがちだが、今回紹介する『ペドラ ブランカ』のトッピングはバターのみだ。

このシンプルな味付けが、同店のホットケーキ最大の特徴。

バターがとろけて焼き目にしっとりしみ込んでいく様子は、食欲を刺激されずにはいられない。

堪らず、ナイフを通そうと、生地に当てるとその柔らかさに驚く。ナイフの重みだけで沈んでいってしまうほどだ。

スタッフとともに店を切り盛りするオーナーの白石さん(写真右)。自身も一児の母であることから、店内は子ども連れに嬉しい配慮が施されている

そんな絶品ホットケーキのレシピを開発したのは新高円寺にある『カフェ カプラ』のオーナーの青柳さんだ。

白石さんの前職であるグラフィックデザイナーの仕事を通して知り合った青柳さんの作るお菓子の味に惚れ込み、自身の店オープン時にレシピ考案を依頼。

その時に大事にしたのが「プレーン、シンプル」であること。

「プレーンなお菓子が好き」というオーナーの白石さんの想いと、青柳さんのお菓子作りの才能が重なり、この美味しいホットケーキが誕生したのだ。

注文が入ったら卵白にきび砂糖を入れて数分混ぜ合わせ、メレンゲを作る

試行錯誤の末に辿り付いたというレシピを公開

今回はそんな美味しいホットケーキの作り方の工程もお教えいただいた。

あのふんわり食感と優しい甘みの秘密も明らかに!

予め卵黄、国産小麦粉、きび砂糖、ベーキングパウダーを混ぜておいた生地種に、メレンゲを入れて混ぜ合わせる

生地が良く混ざったところでセルクルに流し込む

蓋をして15分、生地の様子を見ながら焼いていく。ひっくり返して数分焼く。この時も生地の状態の確認が大切

表面に美しい焼き目が付き、生地がふんわりとしたら完成。あとはバターをのせて、待ちわびるお客さんの元へ届けるのみだ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo