奇跡のうにグルメ!箱うにがまるごと入った刺し盛りがすごい!

食べても食べてもうにが減らない!そんな至福のひと時を満喫できる

「箱うにを丸ごと食べたい!」という願いは、うに好きならば誰もが描く夢だろう。

そんな憧れの箱うにに、わずか3,500円で手が届く場所がある。それが今回紹介する『銘酒居酒屋 頑固おやじ』だ。

日本酒のラインナップも充実!ちびりちびりと、うにをつまみに全国の銘酒を飲みたくなる名店をご紹介!

まずは、そのままうに本来の美味しさを堪能しよう。わさびを少しのせれば、うにの甘みが一層引き立つ

うにに溺れたいほど好き!そんな人こそ行くべき名店

うに好きならば、箱うにのハードルの高さをご存じだろう。価格が安定しないため、箱うにを提供している店の多くは「時価」とうたっている。

しかし、今回紹介する『銘酒居酒屋 頑固おやじ』では、なんと箱うに付きの刺し盛り「お刺身頑固盛り」は3,500円! 繰り返そう、箱うにが入って、「3,500円」である。

目の前に運ばれきた人誰もが歓声を上げるという名物の楽しみ方を紹介しよう。

「白米」がメニューにあるなら、やっぱり乗っけたくなる!

楽しみ方は自由自在!ご飯、海苔を注文でさらに広がる

「お刺身頑固盛り」はとにかく、大量のうにを楽しめるのが魅力。

まずはうにだけ、次はわさびを添えて…と色々食べていても全然減っていかないのだから、うに好きには堪らない!

山本山特選の「焼き海苔」(200円)にたっぷりうにをのせて頬張るのもいい。「ご飯」(400円)を注文して「うに丼」にする人も多く、これがかなりの贅沢さ!

「ご飯」(400円)を注文すれば、うに乗せ放題の「うに丼」を楽しむこともできる!山本山特選の「焼き海苔」(200円)で巻いたり、刺身にのせたりアレンジは自由自在

普通、これだけうにをのせた「うに丼」を注文したら4,000円以上はする……。それが、この店なら刺し盛りのついでの感覚で楽しめてしまう。感涙だ。

まずはうにを刺身のままちびりちびりと日本酒のつまみで愉しみ、そのあとにぜひ試してみてほしい!

全国の銘酒70銘柄以上を揃え、毎晩酒好きたちを唸らせている

心意気!正直赤字も覚悟な破格の値段を守る訳

日本酒専門店として酒にこだわるのはもちろんのこと、何か店の名物を作りたいと考えて辿り付いたのが、箱うに付き刺し盛りだった。

築地のうに専門の卸し業者に通い、状態のいい箱うにを安定して仕入れられるように、交渉を重ね、やっと現在の業者が引き受けてくれた。

「正直な話、赤字の時もかなりあります。でもお客さんに楽しんでもらいたいから」と店主・大場氏。そんな想いから開業当時に決めた3,500円は、頑なに守り抜いているのだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo