新橋は居酒屋だけじゃない!絶品和食コースが奇跡コスパの名店発見!

「夜のおまかせコース」(1人前3,800円税抜 ※1名より予約可)

サラリーマンの聖地・新橋。このエリアは居酒屋が多いというイメージが強いが、大人が集う店もしっかり隠れているのだ。

今回はそんな大人の隠れ家のひとつをこっそり紹介しよう。

夜はワンコースのみ3,800円という価格ながら、本格的な和食を楽しめる『美の』の魅力に迫った!

期待を一気に高めてくれる扉の奥では、夜な夜なグルメな大人たちが絶品和食に酔いしれている

気軽に和食を楽しむなら『美の』が間違いない

新橋駅から歩いて数分。駅前の喧騒から離れた裏路地に『美の』はある。

土壁に木戸という古風な日本家屋風の出迎えが、本格和食を味わいに来た気分を高揚させてくれる。

木戸を開ける瞬間こそ、緊張するかもしれないが、店長の中川氏の「とにかく気軽に和食を楽しんでもらいたい」という想いから生まれる、丁寧ながらも気さくな接客に、一瞬で心が緩んでいくだろう。

前菜として提供されるのは「自家製豆腐」(手前)と昆布と生姜、そして自家製の土佐酢を合わせた「もずく酢」(奥)

3,800円とは思えない丁寧な仕事を感じる料理たち

席に付いたら、あとは提供される料理を楽しむのみ。

『美の』ではコース3,800円の「おまかせコース」として9品ワンコースのみのご用意。このリーズナブルな価格にして、味は本格和食なのだから、驚かずにはいられない。

ワンコースに絞ることで、極力ロスを無くすことで、新橋という立地でありながらもこの価格設定が可能だと、店長・中川氏は語る。

では、気になるコース内容も順に見ていこう。

「お造り」。日により内容は異なるがこの日は写真左から、水ダコ、真鯛、縞アジの炙り。岩塩や醤油を好みで付けて召し上がれ※写真は1人前

前菜に登場する「自家製豆腐」を食べれば、もう『美の』の虜。そんな風に連れに紹介する人もいるという名物は、まるでデザートのような甘さとクリーミーさを含んだ逸品である。

上からかかった鮪節の出汁に、醤油とみりんを合わせてとろみを付けたタレも、この豆腐の味を上品に引き立ててくれている。

女性は特にこの「自家製豆腐」に惚れ込んで、これを食べただけで次回の予約を入れる人もいるとか。

「さわらの塩焼き」。西京焼きなどで提供されることの多いさわらを、塩焼きで。ふっくらとしたさわらの身の食感が活かされた丁寧な火入れ技術が感じられる

続いては「お造り」、「さわらの塩焼き」と続く。

どちらも魚の美味しさを存分に楽しめる一皿で、この辺りにくると日本酒もぐいぐい進み始めるだろう。

「白味噌仕立てのお雑煮」

続いて運ばれて来たのが「白味噌仕立てのお雑煮」。

京風のお雑煮ではあるが、少し甘さは抑えられ塩気をプラス。揚げた餅がひと口サイズで入れられ、菜の花、柚子、白髪ネギ、三つ葉などの香りもいい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo