日本風アレンジはしない!本物志向の大人が選ぶべきカジュアルフレンチは神楽坂にあった!

騒がしいだけのビストロとは一線を画す、本物のビストロを使いこなす大人は意外と少ない。

パリにいるような気分にさせてくれる一軒は、フランス人も多く住む神楽坂にあった!


長年愛される本物の味を知っておきたい大人たちに
『ル・クロ・モンマルトル』


若い頃通った恵比寿や渋谷のビストロでは、どうにも居心地が悪くなってきた今日このごろ。我々世代にしっくりくるのは、路地にひっそりと佇むビストロだ。

神楽坂通りから1本入ると、外に漏れた店内の明かりが道案内の役目を果たしてくれる。フランス人の前オーナーが「石畳と坂の街である神楽坂は、パリのモンマルトルに雰囲気が似ている」と、この地に店を構えて以来、約20年。


ほとんどのメニューがオープン当初から変わらず、日本風のアレンジは一切なし。「フランス人が毎日食べても飽きないメニューを」という開店当初からのコンセプトを、今も貫いている。

たとえば、店のスペシャリテのひとつである「ブイヤベース ルイユソース添え」¥4,000。手長海老や貝などの魚介をじっくり3時間かけて煮出した奥深い味わいで、20年に渡り愛され続けている。


「仔羊すね肉トマト煮込みサフラン風味」¥2,600は、ホロホロと簡単にほぐれるまで煮込んだ定番メニュー。寒い日には体の芯から温めてくれる。


料理だけではない。店構え、内観、ギャルソン…。着席して一瞬で、自分は今パリの街角にいるのではないか?と錯覚してしまうほどの空気感こそ、この店の真骨頂。


また、カジュアルといえど、サーブは一流。キビキビと動くギャルソンたちの姿が気持ちいい。

“なんちゃって”ビストロにありがちな浮ついた雰囲気とは一味違う、ほどよい落ち着きとほっとするような温かみが感じられる。大人が選ぶべきビストロとは、こういう店のことを指すのだろう。

モンマルトルのかつてのシンボル、赤い風車のオブジェが目印!

本日発売の月刊誌「東京カレンダー3月号」は一冊すべて、神楽坂特集!

まだ神楽坂が残っていた!32歳からはこの街で大人の階段を上る

社会人10年目=32歳、今こそ神楽坂を知ろう!そのヒントが最新号「東京カレンダー3月号」に!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は1/20(土)!



あなたの結婚観教えてください!
アンケートへの回答はこちら​から!
<回答期間:2018年1月30日(火)~2018年2月6日(火)>

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo