路地裏の和食屋から真っ暗闇のバーへそぞろ歩く。これが神楽坂の大人のデートプランだ!

恵比寿のバル、港区のビストロ…。いつもデートは街も店も気楽なところばかり。いいお店に行くのは記念日やお祝いなどのハレの日だけ。

しかし、社会人10年目、男が32歳を迎えたら、そろそろ次のステージへ行くべきだ。

そこで今回は、そんな男性の心情を元に、神楽坂の大人のデートプランを紹介しよう!

最近のデートで行く店といえば、もうワクワク感がないどころか、既視感の連続でしかない。

そんなことを考えている時に、大手町の商社に勤める遊び仲間が「風情ある街並みに小さい店が密集していて面白いよ」と教えてくれたのが神楽坂だ。

社会人10年目になる32歳、カジュアルな店で飲み続けるのはやめにしてそろそろ次のステージに行きたいところだ。

そんな気持ちで、大人の夜を求めていざ神楽坂へ。

意中の彼女と飯田橋で待ち合わせをして、神楽坂下から目当ての店へ向かう。

「神楽坂通りから脇に入ると、こぢんまりとしたいい店がたくさんあるんだよ」と薦められたとおり、裏通りを見ると小京都のような佇まいの店が立ち並ぶ。

住宅と店が混在しているのも新鮮だった。

静けさが心地よい小径に、薦められた和食『蒼穹』はある。土壁と二重扉の外観を前に、ちょっとした旅気分だ。

趣ある戸を引いて、店に入りカウンターに腰を下ろす。まずはビールを頼むとオールドバカラのグラスで提供され、ふとした酒器の上質さに気分が上がる。

料理はおまかせのみでお品書きはない。店主が流れを決めてくれるので、座っているだけで大人の時間が自然と流れる。提供されるのは、華やかさというよりは実直な料理の数々。

きっと大人になればなるほどこのミニマムさに魅了されるのだろう。

また、懐石に不慣れな自分にとってこの店は敷居が高すぎず、価格的にも無理がなく、ちょうどいい。ふたり、穏やかな気持ちで料理と日本酒を堪能できた。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo