「今日は神楽坂でいい?」の誘い。それは大人の女性へのパスポートだ!

港区や恵比寿などで仕事帰りにさくっと楽しむ。まんざらじゃないこのコース。しかし、大人になればなるほど、食傷気味になってくる。ならば次へのステップアップに神楽坂をオススメしよう。

東京最後の未開の地であるこの街は、遊び慣れた大人たちが最後にたどり着くと言われている…。

そこで今回は、なぜ神楽坂が大人を魅了するのか?を探るべく、社会人10年目、32歳のとあるキャリアウーマンが神楽坂に誘われ、大人になっていく様子を彼女の心情とともにお伝えしていく!

私が提案した企画を評価してくれた部長が食事をご馳走してくれることになった。

「神楽坂でいい?」と、珍しく会社近辺ではない場所を提案された。アクセスがいいのは知っていたけれど、未開拓のままだった街だ。

私と新卒3年目の後輩は、ただ部長についていった。

神楽坂駅で降り、神楽坂通りを下っていく。路地に入ると住宅と思った建物がビストロだったり、石畳の道があったり、他にはない街の風情に早くも魅了された。

「今でも芸子さんがいるんだよ」と部長が教えてくれたけど、確かに映画のワンシーンのような小径ばかり。

一番気に入ったのは、部長が選んだ店へ続く石畳の階段だ。オレンジ色の明かりが足元を照らす狭い階段は、店への期待を否応なしに高めていった。

いつも服と店のセンスがいい部長が選んだのは、『エスタシオン』というスパニッシュ。狭い階段の中間に位置し、この裏路地を知らなければ絶対に来られない隠れ家だ。

ヨーロッパの雰囲気が漂う内装で、カウンター席はひとりで食事をするのに良さそう。客層は恵比寿や渋谷より落ち着いていて、でもみんなワイン片手にお喋りを楽しんでいる。その大人の喧騒が心地よい。

「ここはスペインの色んなロゼワインをグラスで飲めるんだ」と部長が言うので、ロゼで乾杯。

最初の一杯は泡が当然と思っていたけれど、スッキリとしたロゼが渇いた喉に最高!

そして料理はバルで食べるものと違い、もっと繊細で創意があり、これはスペイン語で〝メソン〞という形態なのだとか。ひと晩にして新たな学びが続く。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo