東日本で一番旨い駅弁が決定!最高評価を獲得した絶品お弁当はどれだ!?

地元へ帰っていた人も、旅行へ行っていた人も、そろそろ帰りの新幹線に乗る時間。

「あとはのんびりと帰るだけ…」と考えているあなた。大事なことを忘れていませんか?
新幹線移動の楽しみといえば、駅弁!

今回ご紹介するのは、東日本の各駅で販売されている計63品の駅弁の中から、最高峰を選ぶ「JR東日本 駅弁味の陣2017」にて、投票によって選ばれた12賞10種。

なんと今年は、総投票数が昨年の9,304票から26,251票にまで上がっており、味やクオリティーは折り紙付きだ。

こちらを参考にしながら、美味しい移動のお供をゲットしてみてはいかが?

「JR東日本 駅弁味の陣2017」受賞駅弁を一挙ご紹介!

ダブル受賞
【駅弁大将軍/最多応募賞】

駅弁大将軍:投票のうち、総合評価が最も高かった駅弁
最多応募賞:投票のうち、最も投票数が多かった駅弁

総合評価第1位
「えび千両ちらし」

価格:1,300円(税込)
主な販売駅:東京駅、新潟駅

大きな厚焼き玉子の下に敷き詰められているのは、うなぎ、こはだ、イカ、エビの人気寿司ネタ4種。

添えられたとろろ昆布と酢飯が、それぞれのネタの美味しさを引き立たせる。

「駅弁味の陣」のメイン部門ともいえる駅弁大将軍に加え、最多応募賞も受賞した逸品をご堪能あれ!

ダブル受賞
【駅弁副将軍/歴弁賞~五十年将軍~】

駅弁副将軍:投票のうち、総合評価が2 番目に高かった駅弁
歴弁賞~五十年将軍~:販売年数50~99年の駅弁のうち、投票で最も総合評価が高かった駅弁(JR東日本発足30周年特別賞)

総合評価第2位
「〈復刻版〉鶏めし弁当」

価格:880円(税込)
主な販売駅:秋田駅、大館駅

昭和22年発売のロングセラー弁当が、駅弁副将軍、歴弁賞~五十年将軍~をダブル受賞!

今から30年前に販売されていた「鶏めし弁当」に入っていた、ホタテの甘露煮、磯揚げ、紅生姜、奈良漬けなどのおかずを忠実に再現した復刻版。

【味覚賞】

投票のうち、最も「味」の評価が高かった駅弁

「伯養軒の炙りえんがわずし」

価格:1,250円(税込)
主な販売駅:仙台駅

脂の乗ったえんがわを炙ることにより、よりジューシーさが増し、香ばしさも加わった押し寿司。

しそ巻入りシャリが風味豊かな味わいに仕上げている。塩とライムでさっぱりと頂くのがおすすめ!

【盛付賞】

投票のうち、最も「盛付」の評価が高かった駅弁。

「青森のぜいたく弁当」

価格:1,300円(税込)
主な販売駅:新青森駅、盛岡駅、八戸駅

海の幸をぎゅっと詰め込んだお弁当は、三方を海に囲まれた海の食材の宝庫である青森ならでは。

八戸前沖鯖と海峡サーモンのにぎり寿司をはじめ、県産鶏の唐揚げ、八戸前沖鯖の竜田揚げ、三沢産ごぼう漬けも楽しめる、贅沢で満足感たっぷりの一品。

【掛け紙賞】

ハガキからの投票のうち、最も「掛け紙」の評価が高かった駅弁

「復刻版 御鯛飯」

価格:880円(税込)
主な販売駅:熱海駅、小田原駅

明治40年に登場した、現存する駅弁の中では全国で十指に入るほどの歴史を持つ名物お弁当。

茶飯の上に鯛おぼろを敷き詰めており、半身の煮玉子、かまぼこ、しいたけ・ニンジン・フキの煮物、鶏そぼろのおかずが入っている。

掛け紙は、大正時代初期のものを復刻している。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo