人事部は見た! Vol.2

人事部は見た!:ある人物の不都合を揉み消すための人事異動。渦中の人物が、心中を語る

人事部ー。

社内の人間模様や、人間の黒い欲望に直接触れることもある部署。

時に残酷で、時に計算高く。

すべては会社のために機能する部署だが、そこに一切の私情が入らないなどということは、おそらくない。

人事部から見た社内、それは人の業が蠢く社会の縮図であった。

高橋涼子(29)が働く恵比寿のベンチャー企業で、ある人事異動が発表された。それは、管理本部長・坂上の黒い思惑にまみれたもの。その内情を知っている人事部の涼子は、一人心を痛めていた。


人事部涼子の、飲み会リサーチ


「後藤さん、ご昇進おめでとうございます。後藤部長の昇進を祝し、かんぱーい!!」

後藤さんの昇進を祝う飲み会が、中目黒の『水炊き しみず』で開かれた。

この会に呼ばれた涼子は、揃ったメンバーをさりげなく見渡す。そこにはもちろん、管理本部長坂上さんの姿もある。

今回の歪な人事異動に、涼子は後悔を抱えていた。

それは坂上さんの思惑のために、後藤さんが利用されていることは明らかなのに、なんの異議も唱えず見過ごしてしまったこと。

たとえ微力であれ「それはおかしい」と言えなかった自分を、涼子は許せずにいた。

こうなってしまった今、涼子自身、何ができるかもわからずにいるが、事態を好転させられる材料がでてこないか、と淡い期待を持ってこの会に参加したのだ。

「いやぁ、後藤くんが順調に昇進してくれてよかったよ。きみの実力だな。」

今日も上質なスーツに身を包んだ坂上さんは、後藤さんの肩に手を置きニヤニヤしながら話しかけていた。

後藤さんは、「ありがとうございます。恐縮です」と困った顔を浮かべ、何度もお辞儀を繰り返している。

「今後は、後藤くんが今まで以上に活躍してくれるだろうし、私はラクできるよ。楽しみだ。」

坂上さんは大きく口を開け、上品なスーツには似つかわしくない下品な笑いを浮かべたまま、瓶ビールとグラスを持って若い女の子が集まるテーブルへ行ってしまった。

-さあ、どのテーブルにリサーチに行こうかしら…

涼子が密かに観察を続けていると、既にほろ酔いの誠がビールを片手にやってきた。

【人事部は見た!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo