人事部は見た! Vol.1

人事部は見た!:部署内をザワつかせた人事異動。その裏で暗躍する黒幕の、派手な私生活

人事部ー。

社内の人間模様や、人間の黒い欲望に直接触れることもある部署。

時に残酷で、時に計算高く。

すべては会社のために機能する部署だが、そこに一切の私情が入らないなどということは、おそらくない。

人事部から見た社内、それは人の業が蠢く社会の縮図であった。


12月26日午前11時

社内がざわつき始めた。

理由はただ一つ。先程、来年1月からの社内異動の掲示がなされたからである。

そして、ざわつきの的はおそらく、総務課長後藤の部長昇進だと推測される。涼子は周囲の動揺を感じて、軽くため息をついた。

-そりゃそうだ。

この人事には涼子も大反対だったし、社内の様子がこうなることくらい予想できた。ただ、一人の人間の強い想いが、今のこの状況を作り上げている。

そのことを知るのは社内の一部。役員レベルの人間と社内人事だけだと思われる。



涼子は、ITベンチャー企業で人事部に所属している29歳。

創立してわずか10年の会社だが、ここ5年で急成長しており社員数は300名を超えた。

オフィスは、恵比寿ガーデンプレイスタワー内にあるため、今の時期は毎年恒例のレッドカーペットやキラキラ光るイルミネーションを眺めるのが、涼子の楽しみとなっている。

涼子が所属する人事部には、新卒採用や中途採用を担当する者、給与計算や社会保険の手続を行う者など様々な担当がいる。

涼子はそんな人事部でリーダーとしてメンバーをまとめながら、自身は社内人事を担当している。

社内人事とはいわゆる、昇進や降格、社内異動といった社内の黒い部分がよく見える役割である。

もともと、上智大学を出てメーカーで一般職として働いていたのだが、古い会社ならではの男尊女卑、年功序列の社風に嫌気がさし、実力結果主義の ベンチャー企業に興味を持ち、現在の会社に転職した。

転職してまず驚いたのが、社内のカジュアルながらも洗練された雰囲気だった。

明るくてゆとりあるオフィス、カラフルなミーティングスペース、そこで働く”恵比寿感”あふれる社員たちと過ごす毎日は刺激に満ちている。

今ではすっかり会社に馴染んだ涼子の、トレードマークとなっているのが真紅の口紅。

毎朝丁寧に塗るそれは、自分を強く魅せてくれる。そんな気がして愛用するうち、いつしか「涼子らしさ」となっていた。

-そろそろ、社内リサーチに行こうかしら。

涼子が席を立ち給湯室にお茶を入れに行くと、同期で営業部にいる誠がヒソヒソと声をかけてきた。

【人事部は見た!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo