恵比寿の遊び人なら知っている!夜遊びの終着点になる絶品の〆カレー!

「スープカレー チキンとあさり」(1,150円)

恵比寿で深く遊んでいる人ならば、必ず行き着く憩いの酒場がある。『吉柳』ときいて、「ああ、あそこね」と返ってくれば本物の遊び人だというほど、深夜族のなじみの店だ。

飲んだあとの〆のカレーを世の中に浸透させた名酒場であり、恵比寿の夜に欠かせない存在のひとつ。そんな『吉柳』の魅力をお伝えしよう。

「ゆでたてタコ吸盤」(600円)。茹でたてで提供される吸盤は、白だし醤油で味付けされ、コリコリとした食感が楽しめる

遊び慣れた人が本当に求める食と場所

恵比寿という街で28年間愛され続ける名酒場『吉柳』。

この店を営むのは吉柳利哉さんだ。恵比寿を30年以上、料理というフィルターを通して見続けた彼は、この街を訪れる人の胃が“本当は何を求めているか”を知っている。

気合いを入れて訪れる店の多い恵比寿は、普段使いできる店が意外と少ない。そんな時に必要とされるのが、毎日通っても飽きずに、ほっと落ち着ける空間である『吉柳』のような酒場なのだ。

「あぐー豚おろしポン酢」(800円)。7年間ほど沖縄へ行き来していた経験を持つ吉柳さんは、沖縄への愛着から沖縄産の食材を使用した料理も多く手がけている

屋台から始まった『吉柳』の歴史

明治通り沿いで『屋台 吉柳』として1989年に開業。80年代バブル期の港区を遊び尽くした大人たちの胃袋を満たしていた。

その後、店舗を構えてからも、時代が求めているものを見極め、人々に愛され続けているのである。

またお客のオーダーを見ながら、味の被る料理があれば機転を利かせて、サッとどちらかの味付けを変更するという配慮も。

この日も、「ゆでタコ吸盤」は通常ポン酢で味付けするが、「あぐー豚おろしポン酢」と被るため、白だし醤油に変更していただいた。

それが、酒飲み心をガッチリ掴んで離さない品書きとアレンジだ。30年近く遊び人たちとともに恵比寿の夜を過ごしてきた目利きだからこそ成せる技なのだ。

「ほうれん草とベーコンエッグサラダ」(700円)。半熟卵を割りながら底の方から豪快に混ぜて召し上がれ

これもこの店で定番の酒が進む味!

ほうれん草とベーコンサラダの上に、半熟卵を豪快にのせた一皿も『吉柳』を語る上では欠かせない。

見た目は普通の「ほうれん草とベーコンエッグサラダ」なのに、一度食べてしまうとクセになり、数日後にはまた食べたくなってしまう逸品なのだ。

その味の決め手となっているのが自家製の無化調ドレッシング。バルサミコと白ワインビネガーを混ぜ、沸騰させないように注意しながら火入れして作られており、全ての具の一体感を生んでくれる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo