神楽坂の澄まし麺は限りなく上品だった!今すぐ食べたい絶品麺発見!

  • 「濁り麺」(並盛800円、半盛550円、大盛800円)。(写真右)鳥取県産ブランド豚「とっトン」を薄くスライスし軽く茹でた「釜揚げ豚」(300円)をトッピングするのもおすすめ

  • 透きとおった出汁に、こだわりの中華麺のみという美しいビジュアルがそそる

  • 夜は和食と日本酒を提供する『蒼穹』となる店内は、ラーメン店とは思えない美しい空間。女性ひとりでも入りやすい

  • 「澄まし麺」(並盛700円、半盛500円、大盛800円) 国産鶏を昆布出汁でさっと炊きながら味を含ませた「だし炊き鶏」(350円)もおともにぴったり

  • 「醤油かけ麺」(並盛680円、半盛500円、大盛780円)

  • テーブルに備わる5種の薬味。(写真左上から)「胡麻油」、「昆布酢」、「黒胡椒」、「山椒醤」、「特製醤油」が揃っている

  • 胡麻油は、胡麻の粒を積み重ねて、胡麻の重さだけで自然に押しつぶして油を搾っていくという昔ながらの製法で作られた、白く透きとおった上品な香りが特徴。そのままでも飲めるほど美味しい

  • 醤油かけ麺はもちろん、秋冬限定の「濁り麺」との相性は抜群。味噌と山椒醤で、担々麺風の味わいを楽しむことができてしまう!

  • もうひとつの名物「鴨だしご飯」(380円)も美味。昆布、鰹、鴨でとった出汁にお米、ごぼう、人参、干しシイタケ、鴨そぼろ、そして隠し味に鴨油も一緒にいれて炊き込む。麺との相性も抜群

  • どれも逸品ぞろい!ハーフサイズにして複数の味を楽しみたい店だ

もどる
すすむ

1/10

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo