肩肘はらない、気軽なごはん Vol.1

ランチの二強、麺&カレー Part1

スパイシーな香りが食欲を刺激する芳醇カレーに、スープと一体となって至福を届ける麺。
一度頭に浮かんじゃったら、ランチはやっぱりこの二択。

ツインカレー 4種のカレーから好みで組み合わせる。これはじゃがカレーと辛口伊達鶏カレー。¥1,400

キョウバシヤカレー

京橋屋カレー

「小麦粉を使わない。最初にそう謳っちゃったから」。笑う店主は徹底している。スパイスや塩、野菜や米はもちろんカレーによっては水にまでこだわり、自身が理想とするカレーを追い求めている。現在は4種用意するが、これまで考案し、すでに終了のカレーも多数。新しい味に貪欲で今日も良い意味で期待を裏切ろうと思案を重ねる。

ポールのチキンカレー じっくり煮込んだもも肉は骨からホロリとほぐれるほど柔らか。テイクアウトにも対応。¥830

カレーとワインのポール

curry et les vins PAUL

人気ビストロ『ポン・デュ・ガール』入店時から「いつかはカレーで独立」と語っていた店長。この店の開店は昨年だが、この8月より、カレーにフォーカスし、店名も改めた。「インドと欧風のちょうど中間を目指した」毎日でも食べられるカレーは健在。ワイン中心の夜に対し、昼はカレーを提供し、界隈勤め人の胃袋を掴んでいる。

モルタデッラのハムカツカレー(野菜トッピング) ロースカツ品切れの際、モルタデッラで作ったら美味しく、オンメニュー。¥850、野菜¥250

サロン・ド・カッパ

SALON DE KAPPA

自身の店で19年のイタリアンシェフが開店。夜はイタリアンを供するが昼はカレー専門店となる。このカレー、20数年前にシェフがあるカフェで考案したレシピがベース。飴色タマネギを軸に小麦粉でとろみを出す手法は王道の欧風カレーだがこの深みはほかで味わえない。まるでスパイスの効いたビーフシチューかと思うのだ。

カレーのクスクス 全粒粉のクスクスを直輸入。グリルチキン、素揚げのパプリカが深みを醸す。¥1,200(平日)

ルマグレブシャンデリア

ルマグレブシャンデリア

モロッコ料理店で日替わりランチ限定、さらに不定期の登場ながら人気がカレーのクスクス。モロッコにない料理だが国民食クスクスの認知度を上げるべく日本人の好きなカレーを合わせた次第。さらさらカレーは野菜の水分がほとんど。砂漠が多く、タジン鍋など水をほとんど使わない調理法が発達した、かの国の知恵まで伝える。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【肩肘はらない、気軽なごはん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ