ここは香港か!渋谷で発見した地元感しかしない香港メシ7選

渋谷の並木橋のほど近く。雰囲気から食べ物まで「まさに香港!」と感嘆したくなる小さな店がある。昼、夜、休日のティータイムを非日常へと変える、海外気分が味わえる穴場スポットをご紹介しよう。


香港の本場さながらの雰囲気にトリップできる!
『華記茶餐廰』

香港の若者に人気の店の雰囲気を日本で再現し、6月に開店。外装は派手なオレンジで、渋谷の街でも異彩を放っている。店内には、現地の雑貨などが飾られ香港らしい雰囲気を醸し出している。

また、この店を香港たらしめる要素のひとつにスタッフの存在がある。ラ料理長はじめスタッフはみんな中国人。店内で飛び交う声もほぼ広東語という、異国感。耳に入る言語が違うだけで気分が変わるから不思議だ。

気軽に食べられるのに、本格的!香港ファーストフードをご紹介!

では、気になるメニューを見ていこう。こちらでは、おやつ感覚で食べられる飲茶から、満腹になれる食事メニューまで多彩なラインナップを用意。今回は、中でも渋谷の人たちから人気の高い7品をピックアップ!


丁寧に作られた、食べ応えある一杯
「皮蛋痩肉粥」¥680

現地では朝食の定番であるお粥。ピータンと豚肉が入り、日本のお粥に比べて旨みが濃く、食べ応え十分。豚肉は片栗粉をまぶした後、熱湯処理することでトゥルっとした食感に仕上げる中華ならではの芸の細かさで、実は手の込んだ一品。


醤油ダレとネギ油が蒸し鶏と好相性
「港式葱油鶏飯」¥950

香港の人にとってもっともポピュラーなB級グルメ。現地では¥200程度なので、まさにファストフード感覚で愛されている。

香り豊かな自家製葱油とコクある自家製醤油ダレに鶏をつけてご飯と一緒に口の中へ。ジューシーな鶏肉の旨みも広がり、思わずニンマリ。


海老香る、海老弾ける、人気ナンバーワンの麺
「香港雲呑麺」¥950

人気No.1メニュー、キングof香港メシがこちら。香港から取り寄せる極細麺と乾燥海老からとったスープ、さらにプリプリの海老を滑らかな皮で包んだワンタンからなる1杯。

海老の旨み、甘み、香りが上品にまとめられており、麺をたぐる手が止まらない。ランチでもディナーでも食べられるのが嬉しい。


酒にも合う、料理長の自信作!
「乾炒牛河」¥980

幅広の麺は香港のものだが、味付けの醤油はラ料理長が日本の醤油をアレンジしたオリジナル。

牛肉、もやし、ニラと麺をその醤油で炒め合わせただけなのだが、実に香り豊かでコク深く、軽やかな味わい。食事にもなれば、お酒のつまみにもなる、この道25年という料理長の自慢の一品だ。

ドリンク人気No.1!!
「ミルクティー」¥380

茶葉と練乳を香港から取り寄せて作る、香港でも人気の「ミルクティー」。甘く仕上げた練乳ミルクティーも大人気!


おやつだけでなく、朝食にもイケるッ!
「エッグタルト」¥200(1個)

香港のスイーツの定番。表面を焦がすことなく仕上げられたクリームは卵の味わいが濃厚で滑らか、甘みも程よく上品な味わいだ。テイクアウトも可能だ。


香ばしくてふんわり。香港版メロンパン
「パイナップルパン」¥100

香港の屋台街だけでなくパン屋でも売られているポピュラーなパンで、日本のメロンパンによく似た味わい。

完熟パイナップルの色合いをした表面のクッキー生地は香ばしく焼き上げられ、サクサクの食感。下のパンは反対にふんわり。そのコントラストも香港そのままだ。タルト同様、テイクアウトも可能。

本日発売の月刊誌「東京カレンダー12月号」は一冊丸ごと、渋谷特集!

大人が再び「渋谷」に行きたくなる情報だけ掲載!

渋谷は若者だけの街じゃない!大人が本当に使える渋谷の情報は最新号「東京カレンダー12月号」に!

恵比寿、表参道には行くけど、最近、渋谷に行っていない、そんな大人に捧げる保存版・渋谷パーフェクトバイブルだ!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は10/21(土)!

クリ2DY詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo