目黒でこの店を知ってたら本物の通!細い石段を降りた先に最強隠れ家発見!

この空間だけ時の流れが異なるようなしっとりとした雰囲気が漂い、それだけでも充分酔えてしまいそう

とにかく人目を忍びたい……大人の夜には〈訳あり〉がつきものである。

そんな夜にこそ訪れたいのが目黒の隠れ家ワイン酒場『リーの厨房』だ。目黒の路地の、細い階段を下りた中腹にぽつんと出現する。

もちろん料理も食通たちが認める絶品揃い。本当は教えたくない大人の隠れ家の魅力をお伝えしよう。

目印は階段脇に出る『リーの厨房』の看板のみ。階段下に灯るわずかな灯りを頼りに降りていこう

目黒駅から徒歩数分。権之助坂の下にある石階段が入り口

夜な夜なにぎわう権之助坂商店街。一見ならば必ず素通りしてしまうほどの薄暗がりに、小さな石階段があるのをご存じだろうか。

すでにさまざまな名店へと足を運び、多少のことではサプライズを感じて貰えなくなってしまった女性を連れて行くにもうってつけ。石段を下る時に感じる「本当にここにお店があるの?」感は目黒一と言っても過言ではない。

この細い石段の先にあるのが、『リーの厨房』なのだ。この店、どんな店だろうと思っても、入口は小窓だけ。

実際、小窓から除く雰囲気は老舗のオーセンティックバーのよう

小窓からのぞく大人の雰囲気がそそる

階段を降りていくと『リーの厨房』と書かれた控えめな看板と、小窓が付いた木製の扉が出迎える。

この小窓から漂う雰囲気に「私たちにはまだ早すぎる……」と恐れをなして、若者たちは寄りつかない。

だからこそ、いい店に通い慣れた大人たちだけが集うのだ。

店主の井上氏との会話も楽しめるカウンター席は常連客や1名で訪れた人の特等席

扉を開ければ期待以上の空間。一瞬にして空気が変化する

石段まで感じていた権之助坂の賑わいも、扉の中に入ると嘘のように消えてしまう。一瞬、静寂に包まれたかと思うと、品のいいBGMが耳に入り、一気にアダルトな雰囲気へと変化する。

目の前に広がるカウンター席では、この場に通い慣れた紳士淑女がグラスを傾け、料理も全て店主の井上さんにお任せしつつ、しっぽりと自分の時間を楽しんでいる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo