『アマン』のバーは丸の内エリートのオアシスだった!平日でも寄りたい丸の内のホテルバー5選

日本屈指のオフィス街・丸の内のホテルには、ビジネスマンを癒やす上質なバーがそろう。

バリバリ働いた日の夜は、ホテルのお酒と静穏な空間に身をゆだね、心身を潤してみてはいかがだろう。

行灯を思わせる照明がガラスに反射し、夜景と並ぶ眺望は必見!


「アマンに寄ろう」のご褒美感は最上級!

『ザ・ラウンジ by アマン』

丸の内に賑やかなバーは多いけれど、落ち着いて飲めるバーとなると探すのが難しい。

そんななか穴場なのが『アマン東京』33Fにあるバーカウンター。計11席のカウンターは壁一面の窓に向かい、窓の向こうにはダイナミックな夜景が広がる。

「AMAN」ロゴ入りの氷は、是非ともロックで試したい!

『ザ・ラウンジ by アマン』で使用されるロック用の氷には、実は「AMAN」のロゴが印されている。

特注のアルミ製バーを氷に押しつけて、バーテンダーの手の熱をスタンプを伝わせ氷を溶かしすことで、ロゴが浮き出る仕組み。

ひと手間かかった氷は、その一杯にご褒美のような喜びを与えてくれる。

相模原産有精卵のオムライスはライスを卵に混ぜ込んだ変形型。オックステールのラグーソースをたっぷり添えて(¥2,900)

さらにフードは23時半までオーダー可能で、名物のオムライスは残業後のご褒美夜食にも最適。

仕事帰りにふらっと寄るくらいが格好いい、最上級の普段使いバーなのだ。

秋限定の一杯、フローズン柿のダイキリ(¥2,700)

席状況によっては予約なしで座ることもでき、一杯からの利用も可能。夜はハードルが高いと思われがちなホテルだけれど、実は身近さとスペシャルな空間、どちらも併せ持つ。

山崎18年(¥5,100)や響21年(¥5,100)等、特別な日本のウイスキーもそろう。※価格はすべて税サ別

バーの隣のシガーラウンジ『フュモワ』も要チェック(11:00~24:00)

女性バーテンダーの安田麻衣子さん

一人で行くのは躊躇しがちなバーだが、一流のホテルバーであれば心配無用。バーテンダーの程よい距離感が、心地よいひと時を作り出してくれるのだ。

寛げるよう低めに作られた椅子に身を委ねれば、つい長居もしたくなる。

バーに行くまでに通るロビーの吹き抜けは圧巻で、行灯のような照明の並びは、なんとも幻想的。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo