丸の内ワーカーがわざわざ向かう!八重洲の路地裏に潜む名店3選

近代的な商業施設が建ち並び、スタイリッシュなレストランが多い丸の内。それとは対照的に、八重洲は日本橋や京橋といった由緒あるエリアが隣接し、代々続く店が多く点在する。

こんな店をも、上手く使ってこそデキる丸の内のビジネスマン!今回は雰囲気も味も抜群な、名店を厳選してご紹介しよう。


路地裏にひっそりと佇む老舗の鰻!
『はし本』

東京駅からすぐの場所ながら、一本細い路地に入ると情緒ある雰囲気が漂う一角。うなぎの老舗『はし本』は、1947年に創業し、戦後まもなく現在の場所に移転。歴史を刻んできた趣ある佇まいで今をゲストを迎えてくれる。

食べ手の口に入る瞬間に最高の状態で提供することを信条に、4代目店主・橋本正平氏が、鹿児島や静岡から厳選するうなぎを、関東風の技法で絶妙な食感に焼き上げる。

うなぎの量によって「い」「ろ」「は」の3種類用意する。写真は、うなぎ1匹半が敷き詰められた「うな重 ろ」¥4,860。石川県産のコシヒカリにもち米をブレンドすることで、タレがバランスよく浸み込む。

「蒲焼の鍵を握るタレは、何十年にもわたって使い続けることに加え、日々良質なうなぎをくぐらせることで旨みが増していきますね」と語る橋本氏。心身ともにパワーチャージできるうな重は、ご褒美感バツグンだ。

焼きながら3回に分けてタレにくぐらせる。甘さと辛さが程良い関東風に仕上げる。


風情あるお座敷は仲間との語らいに最適!
『伊勢廣 京橋本店』

初代が営んでいた鶏肉の小売店がはじまり、1921年創業の焼き鳥店が『伊勢廣 京橋本店』。戦後すぐに建てられた風情ある店舗の2階は20名まで対応可能な座敷。仕事仲間との気軽な集まりにも最適だ。

毎朝、近県から仕入れる新鮮な丸鶏は、美味しさを逃さないよう大ぶりな精肉に串打ちし、近火の強火で一気に焼き上げる。醤油とみりんを等割りしたタレやフレーク状の結晶の塩など、こだわりを貫く。

夜のメニューは3種類のコースのみで、一押しは写真の「焼鳥フルコース」¥6,480。手前右から肝、笹身、合鴨、団子、葱巻などの全9串が堪能できる。

これに加えて、特製鶏スープ、もろきゅう、有機無農薬野菜のミックスベビーリーフが付いた全12品で構成されている。

カウンター内の焼き場には熟練の店長・古田島善雄氏が立つ。美味しそうな煙を上げながら、小気味良いリズムで串を焼いていく。

この串に合わせるのは、選び抜いた日本酒。「大山」「真澄」「鶴齢」(各1合¥1,080)などをそろえ、「お酒は一人3合まで」というルールも粋だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo