一生に一度、行けるかどうか!? 応募倍率数十倍の噂の会員制餃子店に潜入レポート!

この世には、行きたくてもなかなか行けないお店というのが存在する。いくらお金を払っても、どれだけその店への愛を訴えても、登ることができない頂……。

その一つが会員制高級紳士餃子レストラン『蔓餃苑』である。オーナーのパラダイス山元さんが作る餃子を求めて、各界の著名人が訪れてはSNSにアップし、周囲の人がこぞって行きたいとコメントする……。そんな現代の奇跡『蔓餃苑』に幸運にも潜入できたので、その様子をリポートする。

この『蔓餃苑』は、常に営業しているわけではなく、完全予約制のプライベートダイニング。会員であっても、その予約にありつくのは至難の業。ここ東京で最上位クラスに訪問難易度が高いと言っても過言ではない。

オーナーであるパラダイス山元さんは、「東京パノラママンボボーイズ」を率いるマンボミュージシャンであり、飛行機マニア、入浴剤ソムリエなど、多数の肩書きを持ち、さらにアジア人初のグリーンランド国際サンタクロース協会に所属する公認サンタクロースでもある。

そして、芸能界きっての餃子の人としても知られており、今回は、そんなパラダイス山元さんと佐賀県がコラボした『珍魚苑』というイベントに参加した。なんと、100名の定員に対し、数十倍の応募があり、当選した人は極僅かだという。

9月のとある日曜。昼の12時に指定された荻窪の某所を訪れた。会の定員は6名。お店の扉を開けると、所狭しとサンタグッズが並び、手前には無数のスーツケースにクルマや著書!

目がパチクリしてしまうような賑やかさ。まさに、おもちゃ箱のような空間!その真ん中に、6席分のテーブルと椅子が用意されており、ここで唯一無二の餃子のフルコースが味わえるのだ!

まずは、パラダイス山元さんから会の簡単な挨拶と説明が。「食べたことのない餃子が次々と出てくるから、とにかく最後の最後まで存分に楽しんで欲しい」とのこと。ここにある酒は全て飲んでいいという太っ腹っぷり。特に佐賀県産の地酒が充実しているので、たくさん味わって欲しいと。

ビールも「一番搾り 佐賀に乾杯」と徹底して佐賀づくし。一杯目は佐賀の地酒「東鶴」と「天山」のスパークリングで華やかに乾杯! 軽やかな微発泡で女性にもオススメ。いよいよ珍魚餃子の宴のスタートです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo