品川港南口の酒場密集地帯に美女を連れていったら、大変なことになった

港南口を出て徒歩2分。行き交う人々を無機質に見下ろす超高層ビル群の足元に、それとは対照的なローカル度満点の大衆居酒屋が密集する一角があるのをご存知だろうか。

迷路のように入り組んだ細い道に約20軒、“そそられる”暖簾のその奥は? 今回は月刊誌「東京カレンダー」でモデルを務める、森絵里香さんに同行願った!

今号での表紙はもちろん、毎号、デートやお忍び、女子会など、ストーリー性のあるドラマティックなシチュエーションを見事に演じてくれているモデル、森絵里香さん。

実は彼女、女性ファッション誌でお酒にまつわる連載を1年持っていたほどのお酒好き。そうと聞いたら、弊誌としては一緒に飲まないわけにはいきません!

「品川は完全に初心者。どこで飲んでいいかわからない」という森さんとともに、品川の名酒場として話題の3軒を、金曜夜に訪れました!


《1軒目》品川で60年営業!サラリーマンの憩いの酒場
『酒処 あかねや』

1軒目に訪れたのは、『酒処 あかねや』。19時の時点で、すでに満席、サラリーマン率99%(!)、女性客は森さんのみ。お店の雰囲気にそぐわない(失礼!)美女の来店に、あからさまに店内の空気が変わったのがわかる。あきらかに浮足立っているのだ。

当然、席に座って5分もしないうちに、「ん? なんかいいにおいがする」と隣の男性が森さんに声を掛けると…、タイミングよくハイボールが登場。どさくさ感たっぷりのまま、乾杯へとなだれこむ。

そこからの展開は、言わずもがな。

とはいえ、「週3回はここで飲む」という彼らに教えてもらったおすすめメニューにハズレなし!

「おいしくて感動♥」と森さんも大満足。

「里芋からあげ」¥780。薄い衣と芋のしっとりした味わいがクセになる唐揚げを筆頭に、メニューはどれも濃いめの味付けで、お酒が進む!

「トマトと玉子炒め」¥850。女子人気が高いのは、トマトの酸味ととろとろの卵が絶妙なハーモニーを奏でる一品。生ビールは小、中、大と揃う。

カウンター越しの調理場から聞こえる揚げ油の音、そして壁一面に貼られた50種以上に及ぶメニュー札まで、これぞ正統派大衆酒場。


《2軒目》名物の激辛牛すじ煮込みとレモンサワーで乾杯!
『居酒屋 路地裏』

ほどよく酔いがまわったところで2軒目へ。実はここ、1軒目で出会った食品メーカーに勤める彼らが「あそこの牛すじは食べるべし!」と絶賛していたお店。

こちらも満席御礼、唯一空いていたカウンターの1席になんとか滑り込んだ森さん。

もちろん、オーダーは名物、「激辛すじ煮込み」一択ですよね!? …と思いきや、そこはモデルさん。お母さんおすすめの「路地裏サラダ」も一緒にオーダー。ですよね、野菜、大事ですよね(汗)。

余談だが、「私は写さないでよ〜」とずっと顔を隠していたお母さん。森さんの「一緒に撮りましょう♥」のひと言で即OK、笑顔に。

美女っていうのは、同性にも最強なのだな…と妙に感心。お母さん曰く「最近は女性のお客さんも増えてきた」そうで、実際、テーブル席には女性3人グループの姿もあった。

しかしここでも男性客の視線は森さんに集中。入り口横のテーブル席に陣取っていた精密機器メーカーに勤める5人組に誘われ、相席に。彼らが飲んでいたホッピーを見た森さん。

「ホッピーが飲める人って、なんかカッコいいですねー」。はい、秒殺でノックダウンされた男性陣。

「東京カレンダー、今すぐ買います!」とのお言葉、いただきました〜。その約束、絶対ですよ!!

「激辛牛すじ煮込み」¥680。20年以上愛されているお店の名物。甘く濃いタレの奥で、ピリリと舌を刺激するスパイシーさがクセに。ビールで流し込むもよし、ライスと一緒に食べるもよし、な1皿だ。

ランチタイムの行列はもちろん、20時には席待ちする人の姿も。昼夜問わず品川サラリーマンに愛されている店。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo