東京美食MAP 10の街 麻布十番、肉タウン Vol.4

スンドゥブ イナカヤ

純豆腐 田舎家

裏名物サンギョプサルはオモニ手製の調味料と

左.石板サンギョプサル(1人前)¥1,500(注文は2人前~)。4名以上で注文できるお得なサンギョプサルコース¥3,000もあり人気だ

右.純豆腐チゲ¥1,050。アサリの出汁が効いたスープ、フワフワの豆腐と半熟玉子が渾然一体に

東京のコリアンタウンといえば大久保の名が真っ先に上がるが、麻布十番も焼肉を含む韓国料理の店が結構多い。各店に名物があり、しのぎを削り、盛り上がっているのは昔から。こちらは店名にあるように純豆腐が表の主役。ご飯とかっ込んでサッと席を立つひとり客も多い。が、それだけではもったいない。調味料から手作りしているオモニが泣くというものである。この店の裏の主役ともいえる「石板サンギョプサル」。これを味わってもらわねば。

豚バラ肉を脂を落としながら、表面がカリカリになるまで両面焼き、食べやすい大きさにハサミでカット。一緒に焼いた自家製のキムチや豆味噌と、ネギサラダを添えて、サンチュで巻いて。はたまた、胡麻油を付けて。いろんなバリエーションで豚バラを食べてみる。すると脇役の調味料が大きな役割を果たしていることに気付く。後味がいいのはやっぱり、手作りのおかげだ。

チャプチェ¥1,280。もっちりした春雨とキクラゲやニンジン、タマネギ、ニラなどの炒めもの

イタリアンレストランだった内装を生かしたインテリアが映える


東カレアプリダウンロードはこちら >

【東京美食MAP 10の街 麻布十番、肉タウン】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ