とろ~り卵がたまらない!見たら絶対に食べたくなる絶品親子丼都内9選

「薩摩錦鷄の温玉山椒親子丼」

とろとろ卵と山椒がアクセント!大人の親子丼『和酒和食 の坂』

恵比寿

富山県出身の店主が、富山湾で水揚げされる地魚や野菜、お肉を使った料理と常時30種類を揃える日本酒とのマリアージュが楽しめる隠れ家『和酒和食 の坂』。

夏はのどぐろ、岩ガキ、冬は蟹など、にほんの旬が味わえるとあって恵比寿のグルメな大人たちが連日集まる。

ここで食べて頂きたいのが、「薩摩錦鷄の温玉山椒親子丼」。

濃厚な卵と甘目のタレに山椒がアクセント

その名の通り、旨み成分たっぷりで甘さが特徴の薩摩錦鷄を使った親子丼。卵はふわっふわで今にも流れ出しそうなくらいだ…!

出汁と卵のバランスが絶妙で、そこに甘めのタレとアクセントの山椒を加えれば、大人の親子丼の完成。

鶏肉はきめが細かく、柔らかさの中にもちょうどいい歯ごたえが感じられ、卵と合わせた時の食感がたまらない!

リピート決定の1杯だ。

とろ~り卵と甘辛味に箸が止まらない「親子丼」¥1,000

とろり系卵料理の王様!ジューシーな伊達鶏の親子丼『鳥焼 笹や』

目黒

目黒駅から徒歩10分、権之助坂を下る目黒川手前の閑静な一角にひっそりと佇む 『鳥焼 笹や』。

黒を基調としたシックな店内は、「大人が楽しむ焼き鳥」というコンセプト通りの印象を受ける。

笹谷政文氏が15年修業を積み2007年にオープンさせたこの店では、鶏が焼き上がる寸前の一番美味しいタイミングで提供される。

こだわりの鶏は、ジューシーで味わいある伊達鶏を使用。毎朝産地から直接仕入れ、お店で一羽一羽丁寧に捌いているから新鮮そのもの。焼きは紀州備長炭を使用し、鶏本来の味が楽しめるのである。

〆の一品として人気の「親子丼」にも鶏肉と同じ伊達鶏の卵が使われている。濃厚な黄身が特徴の伊達鶏の卵に合わせるのは、さっと火を通した伊達鶏のモモ肉。三つ葉を散らせば、ふわトロ親子丼の完成だ。

10時間以上煮出すという鶏スープもまた、体に染みる一品。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo