これぞ王道!食事から始まる六本木映画デートは、このコースが完璧だ!

初デートで六本木に誘えば、この街が持つ不良っぽさや圧倒的な艶やかさから彼女は少し不安になって身構えるかもしれない。

であれば、この街のそんなイメージを逆手に取って紳士的に彼女をエスコートしよう。この街で紳士的な振る舞いをすれば、街とのギャップにより貴方の株はグンと上がるはずだ。

ここでは初めて女性を誘うのにちょうどいい映画デートを軸に、レストラン選びから二軒目のバーの誘い方までお伝えします!


step.1
男性が女性を店で待つ。「ゆっくり来てよ」とLINEで一言

まずは先に予約したレストランに入店し、「ゆっくり来てよ」なんてLINEしたらつかみはバッチリ。 女性を男性が待つという行為は当たり前のようだが女性は意外と喜ぶという。

そして、そのレストランはメゾンブランドのブティックが立ち並び、高級感溢れるけやき坂付近をチョイス。

六本木交差点とは打って変わって健全な雰囲気なので彼女も安心してひとりで歩ける。しかも、食後に向かう映画館へもスマートに移動できるのだ。


step.2
空腹で映画はNG。まずは食事で距離を縮める

待ち合わせをしていきなり映画に行って、2時間以上も無言で空腹なんて絶対NG。まずは食事と会話を楽しみながら、お互いの距離をグッと縮めよう。

しかもこういった時はあからさまに高級すぎず、程よいカジュアル感がありながら、アラカルトを軽く一緒に選べるようなお店が正解だ。

ここ『OBICA Mozzarella Bar』ではトリュフのピザとグラスワインを軽く嗜んで彼女をリラックスさせよう!

ウンブリア産トリュフが芳醇に香る「タルトゥーフォ」¥3,880。サラダ感覚のメイン料理「牛リブロースのタリアータ グラナパダーノチーズとルッコラ」¥3,880。

『OBICA Mozzarella Bar』

ローマに本店を構える新スタイルの『モッツァレラバー』のアジア1号店。

イタリアから週3回空輸する最高品質の水牛モッツァレラチーズは、オーダー必須の逸品だ。まずはチーズの盛り合わせで食べ比べてから、“ピンサ”を基にした伝統レシピのピッツァやメインディッシュへ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo