結婚ゴールの真実 Vol.19

“昼顔”でも“あなそれ”でもない。完璧な幸せに、自らヒビを入れる妻の狂気

「結婚=ゴール」なんて考えは、古すぎる。

東京の恋愛市場は、結婚相手を探す女で溢れかえっているが、結婚はゴールではない。そんなものは、幻想だ。

吾郎、34歳。長身イケメン、東大卒、超エリートの企業法務弁護士。

吾郎いわく、結婚をM&Aに例えるならば、M&A実施の調印式=結婚式であり、PMI(買収実施後経営統合)=結婚後の生活となる。東京婚活市場において、PMI軽視の風潮は非常に強い。

とか言いながら、ちゃっかり英里と結婚した吾郎。しかし、彼のアンチ結婚主義は変わらないようだ。

引き続き、既婚者たちの結婚生活を、彼独自の目線で観察していこう。


「女の浮気」というものを、恐らくほとんどの男たちは、現実味のない、他人事だと思っている。

いくら世の妻たちの不貞が注目され、ドラマや小説でどれだけ話題を集めようとも、男の興味は基本的に、「奪う側」にしかない。

自分の女を「奪われた」情けない男など、交通事故か、たまたま通り魔に遭遇してしまった不運な被害者のような存在に等しく、“まさか”自分の身に実際に起こるものとは考え難いのだ。

男とは、そういう生き物である。

良く言えば、男は自分の女を信じている。彼女たちが自分に向ける愛情、優しい振る舞いに裏があるなど、疑いもしない。

しかし悪く言えば、それは根拠のない自惚れであり、女たちを軽視し、ただ見くびっているだけなのかも知れない。

【結婚ゴールの真実】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo