先週のアクセスランキング!1位は「東京マザー:子供は欲しいけど、子育てで余裕を失くすのは嫌。現実的な女の結婚の条件」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“東京マザー”に“東京・ホテルストーリー”から“港区おじさん”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
東京マザー:子供は欲しいけど、子育てで余裕を失くすのは嫌。現実的な女の結婚の条件

付き合って2年近くになる昌大とは、お互い恵比寿に住んでいるため、平日でもどちらかの家に泊まり合うような、半同棲状態が続いている。同棲ではない、半同棲。

逃げ場所は残しておきながらも、一緒にいたいだけ一緒にいられる。希はこの関係を最高だと思っている。

残業の後、くたくたの身体で昌大の家に行った時、洗濯機から溢れている洗濯物を見ても、シンクに溜まった食器を見ても、見て見ぬふりができるのは、まだそこが自分の部屋ではないから。

続きはこちら

★第2位
赤坂の夜は更けて:魅力的な女友達への敗北感から、思わず口走った残酷な一言

「ハナちゃんってさ、何か放っておけない魅力があるよね」

葵が以前付き合っていた修二も、よくこんなことを言っていた。それを聞くたび、魅力的な友達を誇らしく思うと同時に、ちくりと胸が痛んだものだ。

しかし幸か不幸か、本人は自分の魅力にあまり気づいていないように見える。それどころか、ハナは葵を見て、いつも感心したようにこう言うのだ。

続きはこちら

★第3位
東京・ホテルストーリー:30代花嫁のプレッシャー。自意識過剰な女を救った、婚約者の愛

会費は、男女の傾斜をつけるべきか。二次会でそれほど高い金額を徴収したくないが、かといって、中途半端な場所で乾きものの食事を提供するのも気が引ける。考えれば考えるほどに条件は狭まり、予算は膨らむばかりだ。

春斗とこれ以上険悪になるのだけは避けたかったし、ムキになった私は彼の連絡にも素っ気なく応対していたから、一人で頭を悩ませていた。

続きはこちら

★第4位
それも1つのLOVE:無理はしたくない女と、無理をしてでも逢いたい女

奈々と過ごした夜は、翔平にとってひどく平和だった。彼女を抱きしめると安心したし、 呼応する唇や、首筋から立ち上る香りは、翔平の心に愛しさだけを運んだ。心地よさだけが、そこにあった。

奈々のことは、好きだ。二人で過ごす時間は幸せで、一緒にいたいと思う。しかしその感情は条件付き、なのだった。

続きはこちら

★第5位
ボロボロになった私を、仕事で救ってくれた港区おじさん

有希のチームに女性はおらず、思いがけず「綺麗な女性が男性の職場で働いている」とオフィス内で有名になることが出来た。新聞に載るような大型ディールさえも手がけていた有希が、30歳になるのを機にバックオフィスへ転身したのには、誰もが驚いた。

その異動の手助けをしたのが、慎吾だった。

続きはこちら

東カレバチェラーNIGHT詳細はこちら >

東京カレンダー8月号詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo