新宿駅直結!「お腹一杯牡蠣を食べたい」牡蠣好きの夢を叶えるオイスターバー誕生!

6/14(水)、新宿に新たなオイスターバーがオープンした。その名も『SHINJUKU NISHIGUCHI OYSTER BAR(新宿西口オイスターバー)』。

こちらの特色は何と言っても、日本を含め世界各国から集まる牡蠣の豊富なラインナップと、圧巻の看板メニュー「OYSTER PLATTER(オイスタープラッター)」の迫力!

牡蠣好きなら絶対チェックしておきたい注目の新店を、早速紹介していこう!

様々な種類の生牡蠣を24個盛り合せた圧巻の「OYSTER PLATTER(オイスタープラッター)」

生牡蠣は常時15種類以上!ここは牡蠣ファンの夢が叶うとっておきの場所!

「カジュアルに、かっこよく、楽しく」がコンセプトの『SHINJUKU NISHIGUCHI OYSTER BAR』では、肩肘張らずに楽しむ本場ニューヨークのオイスターバーのスタイルを踏襲。

だからここでは、もったいぶった食べ方はご法度。テーブルいっぱいに埋め尽くしたシーフードを仲間とワイワイ頬張る。これこそが正しい楽しみ方なのだ。

そんなことが可能なのも、豊富な牡蠣の品揃えがあれこそ。日本各地から旬の真牡蠣や岩牡蠣を、また海外産のブランド牡蠣も含め、常時15種類以上もの牡蠣を日替わりでラインナップ!

これだけの牡蠣を一度に堪能するなら……となると「OYSTER PLATTER(オイスタープラッター)」はマスト。それも当然、24個入り(9,800円、写真)がオススメだ!

焼牡蠣のバラエティも豊富。見た目も鮮やかで食欲をそそる!

生牡蠣だけじゃない!魅惑の焼牡蠣もズラリ!

また、生とはひと味違った牡蠣の魅力を楽しめる焼牡蠣も豊富!

ニューヨークスタイル、フレンチスタイル、和風など、個性的な味付けの6種類で、こちらの食べ比べもまた盛り上がりそう。

あと忘れてはならない牡蠣フライも、クリスピーな食感とスパイシーな味わいのNY風にアレンジするなど、他では味わえないメニューがいっぱい!

本場NYオイスターバーを踏襲したメニュー構成で、シーフードやビーフステーキも充実!

ボリューミーなシーフード、豪快な肉料理も見逃せない!

牡蠣以外にもNYのオイスターバーではお馴染みのメニューも目白押し。牡蠣を堪能した後のメインディッシュに、ボリューム満点のカニやエビ、ビーフステーキはいかが!?

またシメにぴったりの本格パエリアや、お酒に合う前菜などももれなく絶品揃い!

というわけでここからは、グランドメニューの逸品たちから一部を紹介していこう。

牡蠣ファン垂涎!魅惑のメニューの数々をご紹介!

価格は全て税別です。

「OYSTER PLATTER(オイスタープラッター)」

価格:8ピース 3,800円/16ピース 7,400円/24ピース 9,800円

オイスターバーの醍醐味を味わうなら、やっぱり生牡蠣!

北海道や宮城、能登、広島、福岡など、日本各地から季節に応じて選りすぐった旬の真牡蠣や岩牡蠣。

さらにアメリカの「クマモト」「シゴク」やニュージーランドの「カイパラオイスター」などを海外のおいしい牡蠣も厳選。

常時15種類以上の牡蠣から、産地ごとに異なる味わいを食べ比べできるオイスタープラッター。豪快な盛り合わせがテーブルに運ばれれば、テンションは最高潮になること間違いなし!

「Grilled Oysters(焼牡蠣各種)」

価格:各290円~(1個)

焼くことで引き立つ牡蠣の旨味を味わうならコレ。ワインとのマリアージュや好みの焼牡蠣を発見するのも楽しみ!

【様々なスタイルで楽しめる全6種類】
・「カークパトリック」(USスタイル)
キレのあるポモドーロソースにベーコン、パルメザンチーズをトッピング。
・「キルパトリック」(AUSスタイル)
ウスターソースにカイエンペッパーをピリッと効かせて。
・「ロックフェラー」(USスタイル)
ガーリックバターをベースにパルメザンチーズとほうれん草をトッピング。
・「ブルギニヨン」(FRAスタイル)
ブルギニヨンバターの濃厚さが特徴のフレンチ風焼牡蠣。
・「エルエミニョンヌ」(FRAスタイル)
ホワイトソースとチーズの旨味がミルキーな牡蠣と融合。
・「イザカヤ」(JPNスタイル)
牡蠣醤油、日本酒、出汁で味付けしたジャパニーズスタイルの定番焼牡蠣。


「インサラータ・ミスタ」

価格:1,000円

野菜もしっかり食べたい人に!シャキシャキのフリルレタスとロメインレタス、フレッシュのホワイトマッシュルームで仕上げた彩り豊かなミックスサラダ。

クリーミーなヨーグルトとサワークリーム、レモン果汁の香りがアクセントの爽やかなドレッシングが絶品。シェフの気まぐれで野菜の種類が増えることもあるとか!?


「Ajillo オイスター&ベーコン」

価格:800円

プリプリの牡蠣4個と厚切りベーコンのアヒージョは、ワインにぴったりの一品。

ソテーしたガーリックとフライドガーリックをオリーブオイルに効かせた香ばしい風味が特徴。


「Fish&Chips」

価格:1,200円

1枚100gと大ぶりにカットしたタラの身を、外はカラッと、中はしっとりジューシーに仕上げたフリッター。フリッターは2枚がデフォルトなのでかなりのボリューム。

ビールとの相性抜群なお店の“隠れた名物”。お好みでモルトビネガーを振り掛けて豪快にかぶりつこう!


「NYフライドオイスター」

価格:700円

こちらでいただける牡蠣フライは、ケイジャンスパイスで下味を付けたアメリカンスタイルで提供。

クリスピーな衣の食感とスパイシーな味わいで、慣れ親しんだ牡蠣フライとはひと味違った新感覚の逸品に。


「クラムチャウダー」

価格:各780円

大ぶり二枚貝を使ったクラムチャウダーは、ホワイトクリームベースの「New Englandクラムチャウダー(写真)」とトマトクリームベースの「Manhattanクラムチャウダー」の2種類。

本場のオイスターバーの定番メニューは、オイスタークラッカーを浮かべて食べるのがニューヨーカースタイル!


「ロブスターのビスク」

価格:1,450円

ロブスターの身がゴロっと入り、濃厚な旨味を凝縮!手間暇かけて丁寧に濾されたビスクは、舌触りがとってもなめらか。

リッチな味わいを堪能できる利益度外視のサービスメニュー。


「マグロとサーモンのタルタルwith厚切りポテトチップス」

価格:850円

わさびと醤油が隠し味の和テイストのオリジナルソースで和えたマグロのタルタル。アンチョビやピクルス、香味野菜で作ったクリーミーなテイストのソースで合わせたサーモンのタルタル。

2つの味わいのタルタルをザクザクっと歯ごたえのあるポテトチップスで楽しむ、お酒にぴったりのアペタイザー!


「本日のSHELL FISH」

価格:1,500円~

ロブスターや蟹、海老、貝など日替わりで提供してくれる「本日のシェルフィッシュ」。ロブスターやダンジネススラブなどは入荷次第の数量限定で5,000円~、海老やムール貝などは1,500円~。

それぞれの食材本来の味を堪能できる、おすすめの調理法(スチームまたはグリル)を提案。何が食べられるかは当日のお楽しみ!


「キングサーモングリル」

価格:1,400円

脂の乗った上質でフレッシュなキングサーモンを厳選して空輸。それをジューシーなレアで焼きあげた贅沢な一品。

サーモンの旨味を引き立ててくれるのが、トッピングのフレッシュトマトのサルサ、そして白インゲンとトマトの濃厚なソース。頬張るたびに至福の瞬間がやって来る!


「ステーキ」

価格:180g 1,450円~

ひと通り牡蠣を堪能した後に「ビーフステーキ」を食すという喜び……。

「やっぱり肉は外せない!」というあなたには、サーロインやランプ、ハラミなど、アメリカンビーフ各部位のステーキもオススメ!


「New Orleansシュリンプ」

価格:1,500円

プリプリの海老を10本も!ケイジャンスタイルで味わうアメリカ南部ニューオリンズの郷土料理。


「パエリア」

価格:各1人前 1,700円/2人前より

素材の旨味を凝縮した、魚介・イカスミ・肉3種の本格パエリアはお店の名物。45分以上をかけて米からじっくり炊き上げるので、ご注文はお早めに!

好きなワインを好きなだけ飲める幸せ。気軽に料理とのマリアージュを楽しめる!

シーフードにはやっぱりワイン。
オープンワインバーで、飲み足りないとは言わせない!

ドリンクメニューの注目は何と言っても、ソムリエが日替わりで選ぶ9種のワインを好きなだけ楽しめる「オープンワインバー(2時間飲み放題)」。

おいしい状態で管理された窒素ワインサーバーから好きなワインを自由に注げるスタイル。スパークリングも込みで2,000円は、コスパ高すぎ!

また、樽生ビールも「アサヒスーパードライ」(550円)、「バスペールエール」(450円~)、「ヒューガルデンホワイト」(780円)など人気銘柄5種をラインナップし、ビール党も大満足!

エレベーターを降りると“King of Oysters”のサインがお出迎え

ラフな雰囲気も魅力。NYスタイルの世界観がめくるめくシーフードの世界へ誘う!

新宿駅直結という便利なロケーションに構える『SHINJUKU NISHIGUCHI OYSTER BAR』。

一歩足を踏み入れれば、牡蠣を次々と剝くスタッフ、食材が所狭しと並ぶフィッシュマーケットさながらのアイスベッドなど、魅惑のシーフードへの期待を高めてくれる演出が満載!

本場さながらの本格的な雰囲気と、気取らず楽しめるラフな雰囲気が同居した新たなオイスターバー。牡蠣の魅力に取り憑かれている人も、これからの人も、ぜひ足を運んでみよう!

気取る必要のない、適度なラフ感が心地いい

■店舗概要

店名:SHINJUKU NISHIGUCHI OYSTER BAR(新宿西口オイスターバー)
所在地:新宿区西新宿1-1-1 新宿パレットビル8F(JR新宿駅直結)
電話:03-6279-0184
営業時間:12:00~23:00
定休日:なし
席数:86席
グループ公式HP:http://www.daisyo.co.jp/



【東カレ読者アンケート実施中!】

東カレがフード監修する海の家の特別VIPチケットを手に入れよう!
3分程で終わる簡単なアンケートにお応えいただくと、今夏を楽しめる素敵な賞品がもらえるかも!!
是非、アンケートにご協力をお願いします。
アンケートはコチラから

経者Nightレポ詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo