結婚維持活動 Vol.3

結婚維持活動:余裕がある分、悩み多き専業主婦。私の存在価値を作るのは、夫ではない

東京の女性たちは勘違いをしているかもしれない。

結婚できれば、それでハッピーエンドだと。

だが、生活を共にし始めてからが本番だ。結婚した後は、夫婦生活を継続するための「結婚維持活動」が必要である。

ー人間は判断力の欠如によって結婚し、 忍耐力の欠如によって離婚し、 記憶力の欠如によって再婚する。

フランスの劇作家、アルマン・サラクルーの言葉のように、「結婚維持」のキーワードは果たして、忍耐なのか?

この連載では、東京で「結婚維持活動」に勤しむリアルな夫婦の姿をお届けしよう。

今週は、自分自身のキャリアを捨てて専業主婦となった、愛の結婚維持活動に迫る。


<今週の結婚維持活動に励む妻>
名前:愛
年齢:32歳
職業:専業主婦
結婚生活:3年9ヶ月目

3年目の浮気?大目になんて、見れません。


私、こう見えて結婚前は会計士だったんですよ。今はとてもそうは見えないかしら。

いつもフラットシューズ履いてるし、大きなバッグにオムツやら哺乳瓶を入れて見るからに、「お母さん」って感じですものね。

ただ、フラットを履くならグッチかフェラガモって決めているし、着ているものには多少、気を使ってますけれど。

仕方がないとは思っています。子供はまだ1歳ですし、動き出してからどんどんお世話が大変になってきて。

でも、本当に生き甲斐なんです。この子がいれば、何もいらない。妊娠したタイミングで会社を辞めて、正解だったと思いますよ。

側にいて、こうして笑ってくれるだけでもうとろけそうになるくらい幸せになれるんです。子供を産んで、本当に良かった。それは、本当。

え、結婚ですか?夫のこと?

夫はね…。いてくれて、ありがたいとは思っています。でもね、彼、私の妊娠中に浮気していたんですよ。

【結婚維持活動】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo