好きな人と、喧騒から離れて歩く高揚感。住宅街に佇む目黒の人気グルメ店特集!

目黒の街を歩いていると、ふと目に留まる建物を発見することがある。喧騒から離れ、ひっそりと佇む姿に惹かれ店内に入るとにぎわいが広がっていた。

ここでは目黒の住宅街に佇む人気店をご紹介。駅から向かう道のりから楽しみたい。

住宅街が近い閑静な立地。フランスにあるような情緒ある店内から明かりがこぼれる。黒板の手書きには、そそられるメニューがズラリ

住宅街に潜む隠れ家ビストロ
『La maison d'ami』

 目黒通りから一本入り、駅から数分しか離れていないが閑静な雰囲気が漂う場所に店はある。『ラ メゾン ダミ』とは、フランス語で友人の家を意味する。フランス各地の郷土料理を、肩肘張らずに気軽に楽しめる。

特筆すべきは、運ばれてきた瞬間に思わず目を見張る料理のボリューム。大皿にこれでもか!と並べられる肉や野菜に圧倒されること必至だろう。そのためか、他のビストロと比べて男性だけでテーブルを囲むグループも多いように感じられた。女子会ならぬ男子会が似合う貴重なビストロなのだ。

エスプレッド唐辛子の辛さがアクセントになった「薩摩赤鶏のバスク風煮込み」¥2,462

新作の「薩摩赤鶏のバスク風煮込み」は、さらりとしたソースで仕上げたスパイシーな味わい。夏に向けての季節にピッタリな一皿だ。

壁一面の棚にズラリと並んだワインを選ぶスタイルも、ここでの楽しみのひとつ。余ったボトルワインは、持ち帰ることも可能。

コクを出すために鶏白レバーを入れたパテ ド カンパーニュ、フワッと軽い豚肉のリエット、なめらかな鶏白レバーのムース、香ばしい鴨肉の薫製の4種類が一皿にのった「自家製シャルキュトリーの盛り合わせ」3~4名分¥2,030

にぎやかな会話が飛び交うアットホームな店内

雅叙園のすぐそばの静かな通りにある白い外観の小さな店。提灯と、店名『sibafu』にちなみ入り口脇に植えられた芝生が目印

家飲み感覚でくつろげる大人の空間
『sibafu』

日が暮れ、浮かび上がるように明かりが灯る『sibafu』には、夜な夜な人が集まってくる。「ホームパーティーのように人が自然と集まる空間を目指しています」と店長の宮本昭博氏。その言葉の通り、店内には温かな雰囲気が漂う。

椅子やソファなどのインテリアは、敢えてデザインの異なるものをランダムに配置。入り口のすぐの場所にはピアノがあり、ゲストの誕生日には生演奏で祝う。満席になれば、そのピアノが立ち飲みのカウンターになるというのもこちらならでは。

生ハムやハーブチーズ、イチジクやブラックベリーなど盛りだくさん。「季節のフルーツと生ハムのサラダ」¥842

そのコンセプトはメニューにも通じ、ジャンルは無国籍。オシャレなサラダ、ジャンクなフライ、エスニックな水餃子、手間を掛けた煮込み料理など多岐にわたる。

ドリンクも、ワインを中心に、ビール、カクテル、日本酒、焼酎、紹興酒までそろう。そんな自由度の高い空間やメニューは、一度ハマればリピート必至!

食べ応えある肉料理は、5~6時間掛けて煮込んだ力作。「牛ホホ肉の黒ビール煮込み」¥1,026

アルコールが進む人気メニュー。「アンチョビポテト」¥572。オシャレな自家製カクテルも充実する。「ハニー&レモンハイボール」¥626

豚肉や白菜、海老入りで、皮はモッチリとした食感。「自家製水ぎょうざ」¥626

趣の異なるインテリアが寛げる空間を演出

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo