ペペロンチーノで実力がわかる!仕事帰りに美味しいイタリアンが食べたい日はここ!

これを目当てに訪れる人も多いという名物「ペペロンチーノ」は絶品。

イタリアンレストランの実力を見るには、「ペペロンチーノ」を食べてみるといい。シンプルなメニューなだけあって、ガツンと酒が進む味なのか、基本を忠実に守る味なのか、その店の真の姿がわかるのだという。

そんな「ペペロンチーノ」が一押しだと胸を張るのが、田町駅で働く人の夜を彩る名店として名高いのが『ヴィネリア ラ・チャウ』だ。帰り道にふらっと立ち寄って、サクッと一杯にちょうどいい。

イタリア・ピエモンテ州の雰囲気を楽しんでもらいたいという想いから、テラス席はこだわったという。緑を配し、開放的なテラスにはペットの同伴も可能というのも嬉しい。

名店の味をもっとカジュアルに!

『ヴィネリア ラ・チャウ』は、地下1階に店を構える『リストランテ ラ・チャウ』の姉妹店である。どちらも田町を語る上では欠かせない名店で、道行くマダムにおすすめのお店を聞けば、多くの人がこの2店舗の名を挙げるほど。

同店で腕を振るうのは、『リストランテ ラ・チャウ』のオーナーシェフ・馬渡氏の元で長年修業を積んできた、進藤純弘シェフ。『リストランテ ラ・チャウ』よりも、カジュアルな雰囲気でアラカルトも豊富に揃うのが魅力だ。

「ブッラータチーズと生ハムのサラダ仕立て」(1,700円)

樽生スパークリングで乾杯からスタート

「今夜は一杯飲んで帰ろうかな」、そんな想いを絶品料理で受け止めてくれる『ヴィネリア ラ・チャウ』。ワインはイタリア産を北から南まで、月替わりで提供。グラスワインも豊富に揃っているのも嬉しいポイント。

まずは、進藤シェフおすすめの樽生スパークリングで乾杯。こちらは赤・白を揃え、樽独自の香りと爽快感が楽しめると人気が高い。

合わせて注文したのは「ブッラータチーズと生ハムのサラダ仕立て」。稀少なブッラータチーズとは、フレッシュなモッツァレラ生地で作った袋に、生クリームとフレッシュチーズをとじ込めた逸品。トロッと溢れ出すクリーミーなチーズがクセになり、生ハムと合わせて味わえば、ワインもグイグイ進むはず。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo