ビールが飲みたくてしょうがない日はここ!間違いなく旨い鉄板つまみがある店5選

暑苦しいトレンチコートを脱ぎ捨てて身軽になりたいこの季節、恋しくなってきたのは、仕事帰りにあおる冷えに冷えたビールではないだろうか?

「キンキンのビールと絶品つまみで一杯どう?」の誘い文句にそそられない者はいないはず。

気心知れた仲間と気取らずに飲むのもよし、もう一歩深く知りたいあの人と“さく飲みデート”にするもよし、喉越しビールと悶絶つまみの最強タッグが揃う5店を紹介しよう。

せいろの香りを纏ったシュウマイは、ごろっと存在感がある。

圧倒的“肉感”に、会社のマドンナも心躍らせる絶品シュウマイの店『十六公厘』

女性社員にとって花形の広報部で、ひと際容姿端麗な先輩。男勝りにさばいていく仕事ぶりと、なかなか隙を見せない所が魅力で、会社のマドンナ的存在である。そんな憧れの先輩を何も無い日に誘うのは、少しハードルが高いだろう。

しかし、人がまばらになった社内で、残業終わりに“お疲れサマの一杯”は誘いやすい。気楽に飲めて、それでいてチープにならない空間を求めているなら、ぴったりの店がある。

夕方になると、仕事を終えた大人達が、美食を求めて集まってくる神楽坂。メトロ神楽坂駅と都営線牛込神楽坂駅の間に、こじんまりと店を構えるのが『十六公厘』だ。

肉の旨味を存分に味わえるよう、まずはそのままで。からしをつければまた違ったうまさが。

憧れの先輩の心を開く、この店のビールのお供は、幸せなほどに肉々しい「シュウマイ」である。

その肉々しさは、豚肉と玉葱だけという究極にシンプルな具材ゆえ。豚肉は脂の少ない部位を使用しているので、肉の味が濃く、がつんとパワーのある一品だ。

“バー感覚の中華”は新鮮ながらも、居心地が良い。

普段は大人っぽい雰囲気の先輩が、ぶりっとしたシュウマイを口いっぱいに頬張って、「ん~!おいしい!」思わず笑みをこぼす。その意外な無邪気さにドキッとするだろう。

その雰囲気に乗じて、「次はこんなおいしいつまみがある店にいきましょうよ」と誘いやすくなるに違いない。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo