初のサシ飯は広尾がちょうどいい!狙い過ぎずほどよくセクシーな名店3選

「相手のアリナシは3回で決まる」とよく聞くが、最初のデートがよくなければ2回目へも進めない。

しかし、初めての食事に気合いを入れて“いかにも”な店へ連れて行くと、翌日の女子会で笑いの種にされるのがオチだろう。下心が見え隠れする店は距離が出来るし、だからといって色気がないのもつまらない。そして何より女性が「美味しい!」と笑顔になれなければ、その食事は失敗となってしまう。

どんどんワガママになる東京グルメ女子たちを初めてサシに誘うなら“やらし過ぎず・ほど良くセクシーで・美味しい”の三拍子を揃えたい。そんなハードル高すぎる…というあなたに、初回のサシ飯に最強の広尾の3店を紹介しよう。

落ち着いた色調の店内が、大人な雰囲気を醸し出す。

大人の楽しみが凝縮された和食の店『味のなかむら』

『CITI BAKERY』や『AND THE FRIET』など話題のカフェが立ち並ぶ広尾。暖かい昼下がりに散歩するイメージが強いが、夜にはまた違った顔をみせる。

「落ち着いた街をゆっくり散策するのが好きで、ランチによく来ます。でも夜はお店に詳しくなくて…」と広尾に馴染んでいる様子の彼女。しっとりと大人なお酒を好む彼女を、初めて食事に誘うのにぴったりの店がある。

広尾ガーデンヒルズの坂をのぼり、品の良い住宅街を抜けると、思わず通り過ぎてしまうほどひっそりと佇むのが『味のなかむら』である。のっぺりとした石壁に、重みのある木製の扉。店内の雰囲気が読めないので、隠れ家のようなどきどき感がある。

テーブルと表情の違う掘りごたつ席は、ゆったりと寛げる。

おとなしい彼女が少し身構えそうになっても、扉の足下に置かれた行灯風の灯りが、ほっこりとした気持ちにさせてくれる。サシ飯に最適なカウンターだけでなく、ラフな気分でテーブル席をセレクトするのも良いだろう。

シックにまとめられた内装は、テーブル席でも十分にイイ雰囲気である。明るすぎない照明は、近くに座る客をやんわりと隔ててくれるようで、じっくり話が出来るはず。

透き通るように新鮮な蛸をたこしゃぶに。佐島の生わかめをさっとくぐらせれば、色合いも華やかに。仕入れ状況によりメニュー変更あり。

『味のなかむら』では、鮮度の良い刺身や季節の食材を取り入れた一品、土鍋ごはんなど品揃えが豊富。彼女のお気に入りの一品を見つけよう。

こりこりとした食感が良い「たこしゃぶ」は、他ではあまり見かけない。自家製の梅出汁ポン酢は、淡白な蛸の味を消すことなく、彼女もきっと気に入るはずだ。ありきたりの刺身ではなく、たこしゃぶで始める食事も面白い。

春を感じる「焼きたけの子」は、醤油と田楽みそで。(メニュー一例)素材の異なる片口と猪口が楽しい。

料理だけでなく、お酒の種類ももちろん豊富。通常のメニューに加えて、その日のお勧めリストも用意されている。限られた本数しか出回らない日本酒たちも顔を揃え、お酒好きの彼女も満足させるラインナップだ。

また、料理とお酒をより美味しくさせるのは、こだわられた盛りつけと器!「漬け鮪」は可愛らしい豆皿に、春野菜は緑が映えるよう真っ赤な漆椀に盛りつけるなど、細部までぬかりない。その都度テイストの違う酒器に注がれたなら、お酒もついついすすんでしまう。

大人のワクワクが凝縮されたようなこの店なら、「この男性、素敵!」と初めての食事から彼女との距離をぐっと縮めてくれることだろう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo