バレンタインチョコはこれを買え!ベストチョイス感謝チョコ8選

今年のバレンタインデーは来週火曜!そろそろ近づいてきたけど、もう準備はOK?

友人への友チョコや、日ごろお世話になっている方への感謝を込めたチョコレートは、お手頃な価格で喜ばれるものを贈りたいもの。

駆け込みでも買える、おすすめのチョコレートをご紹介しよう!

「ソニア・アン レトル」(¥972)

一輪のバラのチョコで高級感あふれる友チョコを『メサージュ・ド・ローズ』

『メサージュ・ド・ローズ』は、ニューオータニ サンローゼ赤坂に本店を構える高級チョコレートショップ。ほかにも松屋銀座、大丸東京に支店をもつ。

同僚や友人へ感謝を伝えるチョコにぴったりなのは、大輪のバラが一輪そっと花開いている「ソニア・アン レトル」。

高級感あるリボンがかけられた姿は、1,000円以下のお手頃価格とは思えないほど華やかで、気持ちのこもったプレゼントとして受け取ってもらえるだろう。

「ソニア・アン レトル」一つのチョコのお渡し用袋。義理チョコには見えない。

こちらのチョコレートには、知る人ぞ知る老舗チョコレート原料メーカー、フランス・ヴェイス社のものを使用しているので味は折り紙付き。ほおばれば、まろやかでやさしい甘みが舌のうえで溶けてゆく。

味わいが一流なのは言うまでもないが、見た目の華やかさも贈り物には大事な要素だ。「ソニア・アン レトル」一つでも、リボン付きのお箱で、ブラウンとピンクの紙袋入りでとてもキュート。

『メサージュ・ド・ローズ』のチョコレートで、本命でも友チョコでも、周りに一歩差をつけられるに違いない。

「エクレーヌ」(380円)

親しみあるスイーツにオリジナリティをプラス『Patisserie LA GLYCINE』

店名のGLYCINE はフランス語で藤の花を意味し、その花言葉は“最高のおもてなし”。ワイルドな風貌のオーナーシェフの茂木 学氏が生み出すスイーツは、食べ手への配慮が感じられるものばかり。商品のバリエーションの豊富さも嬉しいポイント。

なかでもおすすめは、「エクレーヌ」。ほんのりオレンジが香るキャラメルクリーム「ミルクキャラメル」と、表面のカカオ粒の苦みが味を引き締める濃厚な「ショコラ」の2種類を展開している。

パッケージもかわいい見た目なので、ちょっと違いを演出できそう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo