最後まで食べきれない客が続出!旬の魚が堪能できる最強コスパコースを発見!

コスパが高い店は数あれど、これほどのボリュームコースで満腹になれる店は少ないだろう。今回紹介する『魚菜 由良 2号店』では、4000円のコースでなんと全12品を味わうことができるのだ。

なんと鍋が3種類、土鍋ご飯までついてくるという大盤振る舞いっぷり。最後まで食べきれない客が続出しているという異常にお得な店なのだ。

そのコスパ最強コースのお得ぶりを紹介しよう!

この写真に写っている料理でまだ半分!胃袋崩壊必至です

1品目】下:「前菜」(左から 青菜の胡麻浸し、小柱のマリネ、鶏のハラミのコチジャンソースがけ)

【3品目】上:「お刺身4種盛り合わせ」(左から 金目鯛、スズキ、ヒラメ、シマアジ)

4千円でおなか一杯になってしまう名店を発見!

大井町に本店を構え、2015年に2号店をオープンした『魚菜 由良』。

すでにそのおいしさとボリューム、コスパの良さが話題となっており、2号店オープン前は3ヶ月前でも予約が取りにくい名店であった。

現在も金曜、土曜は予約が取りにくいが、本店のみだった頃に比べると幾分、取りにくさが緩和されているようだ。

【2品目】「チーズ蒸し」自家製チーズ味のくず餅をチーズソースと絡めて蒸し上げた一品

『魚菜 由良』を利用するならば、ぜひお得過ぎるコースを注文したい。

今回は4000円のコースの全12品を紹介。

「え?本当にこれで4000円?」と不安さえよぎるお得さを感じていただきたい。

【4品目】「焼きもの」(上左から サーモンの西京焼き、帆立の利休揚げ、鶏の豊年蒸し、クラゲのきみずがけ/下左から 子持ちこんにゃくの唐揚げ、サツマイモのレモン煮、塩らっきょ、ししゃもの南蛮漬け、ぶどうと白和の二色寄せ)全9種の焼きものが提供される。ほぼ全てを自家製で作り上げているというから驚きだ。

細やかな職人技が食材のおいしさを引き立てる

前菜からお刺身までの3品だけをみても、『魚菜 由良』の魅力をひしひしと感じることができるだろう。

前菜で提供される3品だけでも、「青菜の胡麻浸し」、「小柱のマリネ」などひと手間かかった品を、丁寧に小皿に盛りつけ提供しているのである。コースというと、大皿でどーんと数人分が提供されるお店が多いが、同店ではなるべく小皿で提供しているという。

【5品目】「鴨のじぶ煮」出汁にしょうゆとみりんを合わせ、シメジ、マイタケなどのキノコとともに、鴨を煮込んだ料理。焼きものの後の汁物が嬉しい。

「コース料理を食べる時は、どうしても取り分けるときに遠慮が出てしまいがちなので、「これは自分の分」としっかり小分けになっているほうが嬉しいと思い、このような提供方法にしています」と店主の本橋氏は語る。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ