バーバリートレンチの歴史を紐解くイベント開催中!完全修復されたまるで骨董品のリストアドコートも購入可能

今年の秋は短い…。ということは、薄着からいきなりコート姿へ変身なんてことも充分考えられる。あなたは、今年の秋冬オシャレを楽しむコートの準備は出来てる?
男女問わず、ワードローブに最低でも1着、できれば色違いで揃えておきたいコートと言えば、”トレンチコート”ではないだろうか?

そして、トレンチコートと言えば、真っ先に思い浮かぶブランド、それがバーバリーだ!国内最大級の規模を誇る路面店「バーバリー新宿」において、現在、ブランドを象徴する英国製トレンチコートの魅力を探求するイベント「Tales of a Trench Coat – トレンチコートの物語」が開催中。

バーバリーの代名詞とも言える、英国製のトレンチコート。

トレンチコートの歴史とデザインを振り返る

今回のイベントでは、1879年にトーマス・バーバリー氏によって開発された「ギャバジン」から始まったバーバリーのトレンチコートの歴史を体感できるようになっている。

例えば、英国人パイロットのアーサー・クラウストン氏のために、1937年に製作された飛行服や、英国人探検家のアーネスト・シャクルトン卿が南極大陸横断に挑戦した時の探検服(レプリカ)など、歴史的資料としても貴重な品々が展示されている。

また、過去のファッションショーでランウェイを飾ったトレンチコートまで、100年に渡り進化しつづけるトレンチコートの魅力を時代を追って広く紹介されている。

この世に2つと同じものが存在しないという贅沢。完全1点モノばかり、15点を揃えた。

必見!「Burberry Restored coat」

このイベント開催に合わせて、過去のコートを丹念に、完璧に修復した限定コレクション「Burberry Restored coat」が登場する。世界中から貴重なトレンチコートを吟味して買い付け。

英国のトレンチコートをつくる工場において、職人たちの技をつぎ込んで、1着ずつ丁寧にリストア(修復)したもの、その数、男女合わせて15点限定である!歴史のエッセンスを織り込んだコートたちは全て、いずれもここでしかゲットできない貴重なアイテムだ。

職人の技を目の当りにできる!

伝統の美しさ、機能性を創り出すには、それ相当の職人が存在するもの。
今回は、ヨークシャー州キャッスルフォードの自社工場より、来日した職人のデモンストレーションも実施される。

トレンチコート製作上、もっとも重要で、熟練した技術を要する襟付けを見せてくれる。今回のデモンストレーションについては、10/24(月)までの開催。さらに、トレンチコートのイニシャル入れサービスも行ってくれる。

フォトブースでなりきりモデル気分も!

去る9/19(月)にロンドンで開催された、最新コレクション「セプテンバー・コレクション」。そのショー会場にて設置されていた、フォトブースと同じものをバーバリー新宿のイベント会場にて再現した。

ミステリアスな彫刻に囲まれた独特の雰囲気が漂う一角で、なりきりモデルポーズをきめて、写真撮影して楽しんでみよう。

お手持ちのバーバリーのトレンチコートがあるならば、ばっちり決め込んで参加するのもOK!もちろん、手ぶらで気軽に参加する”サプライズプラン”として楽しむのも面白そう。イベント参加記念として、フォトブースで撮影してみてもいいのでは?

どうせなら、バーバリートレンチが織りなす世界へ思いっきりトリップしてみるのも一興だ。

■イベント概要

イベント名:Tales of a Trench Coat - トレンチコートの物語
会期:10/18(火)~11/1(火)
場所:バーバリー新宿(新宿区新宿3-1-20)
電話:03-6684-4607
時間:11:00~21:00(不定休)
URL: https://jp.burberry.com/store-locator/shinjuku-tokyo


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ