芸能界の餃子通から愛される、一口食べれば虜になってしまう餃子はここだ!

昨年、オープンするやいなや人気に火がついた乃木坂の『亜細亜割烹 蓮月』。名物の餃子があまりに好評で、毎晩美食家が足を運ぶ一軒の中華料理店だ。

ここの餃子を食べると、誰もが必ずと行っていいほど再来を望んでしまう。来年(いやすでにこれから?)確実に予約が取れなくなるであろう、東京カレンダーが太鼓判を押す名店のひとつだ!

芸能人餃子部を束ねる女優の鈴木砂羽さんもハマったという、人々をたちまち虜にしてしまう魅力に迫る。

「特選手作り焼き餃子(6個)」600円。最初は何もつけずに、次はラー油をつけて味わいたい

一番人気!カリッ、モチッの焼き餃子

まず、こんがりした焼き目と、ムチッとしたルックスがそそる「特製手作り焼き餃子」(600円)から行ってみよう。箸で持つとずっしり重みがあり、食欲に拍車がかかること間違いなし!

自慢のラー油を混ぜたタレにつけて頬張ると、皮のモチモチ感が優しく舌に触れる。ああ、うっとり。独特のひだを施した耳にも弾力があり、歯ごたえがいい。

モッチリした手延べ皮の内側には、期待を裏切ることなく、隙き間なくパンパンに豚肉が包まれている。オープン当初は約25gだったが、なんと今年に入って約30gに増量したんだとか。肉汁がジュワッと爆ぜ、追いかけるようにパァッと拡散する甘み。この展開がまた、たまらない。

やっぱり餃子にはビールを!

「豚肉は国産ですが、特別なものは何も使っていません」と店主の品川祐司さん。野菜を加える前に、肉そのものにしっかり下味をつけるのだが、その調合のバランスや順番、野菜との配合比率で素材のポテンシャルを引き出す。

もちろん、皮も毎日店内で手作りしている。自分でも餃子好きを名乗るだけあって、品川さんはとても研究熱心。餃子を包む形、ひだの厚さなど、こだわりはどこまでも尽きないのだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ