休日美女デート Vol.2

休日美女デート:横浜の潮風に吹かれ、ジャズの音色に心揺れた夜

夏の日差しも和らぎ、秋の季節が深まりつつある今日この頃。

「忙しい人ほど、遊んでる。」を体現する東京カレンダー読者の皆さんは、休日の過ごし方にもう少しバリエーションが欲しい! と感じている頃なのでは……?

これから本格的に秋のシーズンを迎える中、いつもとは違った休日の楽しみ方をご紹介。前回はボルダリングデートを紹介したが、Jazzに酔いしれる初秋の夜を過ごしてみるのはいかがだろうか。


「ねぇ、ニューヨークで私たちが行ったのって『Blue Note』?」里奈はスマホの画面を見ながら、秀樹に話掛けた。

ワシントン・スクエア・パークが近くにあったのは覚えているけど、たしかそうだと思う。
2人で旅行に行ってから、もう3年が経つのか……

「今度、横浜の赤レンガ倉庫で『Blue Note JAZZ FESTIVAL in Japan』っていうライブが開催されるみたい。ジョージ・ベンソン、マーカス・ミラーなどの大御所から若手の期待アーティスト続々登場、だって。行かない?」


里奈ってジャズ好きだったっけ?

「会社の先輩がジャズ好きで、よく聴きに行ってるみたい。先週は青山にある『BLUE NOTE TOKYO(ブルーノート東京)』に行ったらしくて、色々話を聞いているうちに面白そうだなと思って」



前日の夜から家に泊まりに来た里奈と、恵比寿にあるハワイアンレストラン「TSUNAMI」で昼食を食べた後、品川経由で京浜東北線で桜木町駅へと向かった。

里奈は電車の窓の外を眺め、みなとみらいの景色の先に遠き日の思い出を浮かべてか、懐かしそうな顔をしている。

「この景色、懐かしいなぁ……中学時代は山手の学校に通ってたの」


里奈と秀樹は、JR桜木町駅の改札を出ると、ゆっくり歩きながら赤レンガ倉庫へ向かって歩いていった。


「ねえ、お父さんとお母さんの最初の出会いについて聞いたことある?」


どうしたの、急に?


「私の両親は、横浜のカフェで出会ったんだって。お母さんの友達が当時付き合っていた彼氏が連れてきたのが、お父さん」


へ~そうなんだ……

「関内駅の近くに『ルミエール・ド・パリ』っていう純喫茶があるらしいんだけど、2人が初デートで立ち寄ったことがあるって何度も聞かされたの。横浜には中学生までしかいなかったけど、2人の思い出の場所だからちょっと愛着があるんだよね」

2人は汽車道を歩きながら、大観覧車で有名な『よこはまコスモワールド』と『横浜ワールドポータース』の前をゆっくりと通り過ぎて行った。


ビルに視界が遮られることもなく、果てしなく広がる大空を仰ぎ見て、秀樹は満足そうに小さくため息をついた。

初めて来たけど、いいところだね。なんで今まで来なかったんだろう……写真で見たことあるくらいだったよ。

「秀樹の実家がある長崎も港町だし、異国情緒があるところは似てるよね」


『よこはまワールド・ポータース』の手前を過ぎ、アーチ型のホテルの下をくぐり抜けると、眼前には赤レンガ倉庫が見えてきた。時刻は、15:00になろうとしていた。

「思っていたほど混雑はしてなさそうで良かったね。最近は雨の日が多いけど、今日は天気もちょうどよくて風が気持ちいい。」と秀樹の手を引っ張っていく。


ところで、里奈のお目当てのアーティストは?

「今の時間からだとアンドラ・デイとアース・ウィンド・アンド・ファイアは絶対見たいところだよね。今、15:00かぁ~ちょうどMISIAが歌ってるんじゃないかな?」

会場に近付いていくと、どこからともなくMISIAの歌声が横浜港から吹きつける潮風に乗って聞こえてきた。


「秀樹とライブに来るの、いつぶりだろう……」

2人はライブ会場に着くと、赤レンガ倉庫の大広場にいる人ごみの間を縫って、吸い込まれるように会場の中へと入っていた。

【休日美女デート】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ