え、この質で1万円以内!?デートで株が上がるコスパ最強のコース5選

  • 今回のアラカルトは、豚肉と鶏白レバーのパテ ド カンパーニュ

  • “魅せる食空間”がコンセプトゆえにオープンキッチンを採用している同店。24時までに入ればコースの注文可という使い勝手の良さも魅力

  • オマールテール フォアグラのコンフィ、サマートリュフ

  • 鳩のロースト ソースサルミ

  • 旬の白身 ポワレとそのスープ

  • マンゴーフルーツとそのソルベ

  • 殻付きホタテ カリフラワーのクレーム 泡のエキス

  • 鮎のフリット ナスのタルタル

  • 24時からは“ラウンジタイム”になるので、酒をメインにしっとりとバー的に楽しむのもあり

  • しっとりとした肉質と赤身の旨みが味わえる函館大沼牛のステーキに、おいしさだけでなくボリュームも大満足なアラカルトを添える。二人でシェアして楽しみたい天然酵母の自家製パンは人気の自家製エベスと共に提供

  • 2月オープンの同店は銀座の一等地ながら、気軽に楽しめるワインビストロとして人気

  • パスタ打ちの風景はカウンターだけでなく、店前の通りからもガラス越しに眺められる

  • レバー、砂肝、もも肉の旨みを閉じ込め、胸肉で巻いたガランティーナはアラカルトでも人気の一品

  • コンポートの甘味と香りを、ヘーゼルナッツの香味が絶妙に引き立てる

  • 自家製パンはパスタに合わせて常時5種類ほど用意

  • コシのあるツルンとした食感が楽しいトルテッリ。色どりも鮮やかだ

  • 揚げたてのメニューが次々と提供されるのも、カウンター席の魅力だ

  • 明太子を挟んだレンコンや、島豚など変わりネタに他に、天ぷらの定番、えび、穴子を始めとした魚介は四種。野菜は白おくらやなど旬のものが三種盛られる

  • ぶどうの搾りかすで育った甲州ビーフとワインのペアリング、まさに鉄板の組み合わせ

  • 甲州ワインビーフのハンバーグ ラクレットチーズをかけて

  • 5種の前菜は、馬肉の叩き 生姜の香り、甲州地鶏と野菜の八幡巻き風、富士桜ポークと干し葡萄の松風仕立て、甲斐サーモンの洋風寿司、甲州名物 煮貝と果物を挟み

  • 洋風茶碗蒸しは、食前にトリュフオイルをかける演出が嬉しい

  • 洋風のアレンジも取り入れた五種盛り合わせ

  • 黒蜜と豆腐のティラミス仕立て。ほうじ茶パウダーがこの甘味の隠し味

  • 青柚子香る特製スープの らぁ麺は、しじみの出汁が効いたエスプーマがスープに浮かぶ

もどる
すすむ

1/27

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo