年収1,000万円プレイヤーの家計簿 Vol.12

婚活女子必見!年収1,000万越えの男ってどこに何人いるの?

好評だった「年収1,000万円プレイヤーの家計簿」という連載。実際にマネーフォワードやMoneyTreeといった家計簿アプリを使っている人を中心にヒアリングを重ね、生々しい支出事情が垣間見えた。

東カレ読者にとって身近な存在に思える「年収1,000万円プレイヤー」。男性のみに絞って、彼らが何人くらいいて、どこに生息するのかという推計を、番外編としてお届けする。

東カレ婚活女子にとっての「年収1,000万円プレイヤー」は高望みなのか?現実なのか?


年収1,000万円以上の男は、ざっくり1学年2万人程度か


<根拠>
30代で年収1,000万円の人口比率:1.5%
出典:DODA平均年収ランキング2015

30代で年収1,000万円の男性の比率:2-3%(女性の比率が低いと仮定)
30代の一学年の男性の平均人口:約85万人
30代で年収1,000万円の男性は一学年につき:約1.7-2.5万人


既婚未婚関わらず、おおよそ30代男性は1学年につき2万人程度が年収1,000万円プレイヤーと推計されます。もちろん、31歳と39歳では含有率が違ってくるでしょう。

30代慶応ボーイの4人に1人は年収1,000万円プレイヤー


東カレ読者に多いであろう大学別に推計します。

【根拠】

<東大京大早慶学部卒男性:0.5〜1万>
東大:0.5万*10%〜30%=500〜1,500人
京大:1万人*10%〜25%=1,000〜2,500人
慶応:0.5万人*10%〜25%=500〜1,250人
早稲田:3万人*10%〜15%=3,000〜4,500人
*上記は男性の一学年の学部卒人数
*比率は30代の年収1,000万円プレイヤーの推計比率

ざっくりですが、東大早慶学部卒の男性のみで年収1,000万円プレイヤーは最大1学年1万人程度いると推定。

例えば、慶応を例に挙げると、25%程度は年収1,000万円を超えていると思われます。特に経済学部や法学部のみなさん、ゼミに男性が20名いたとるすると、5名程度は年収1,000万円を超えているというのは、肌感覚としてほぼ合致しているのではないでしょうか。

東大京大早慶以外にも、一橋や東工大など年収1,000万円プレイヤーの比率が高そうな大学もありますが、ざっくりと東大京大早慶とそれ以外で年収1,000万円プレイヤーは半々くらいではないでしょうか。

【年収1,000万円プレイヤーの家計簿】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ