東京婚活マーケット分析 Vol.2

東京婚活マーケット分析:天才エリート集団、外資コンサル男子。IQもモテ指数も高いが、変人率も高い

外資コンサル男子への処方箋:「許容力」を身に付けよ


いずれにせよ、基本的に東京婚活マーケットでは、「選べる立場」である外資コンサル男子。

彼らの多くは、さほど苦労することなく30歳までに結婚をし、数年後には子供に恵まれるという、円満な家庭を築くパターンが多いように思える。

一部のミーハー(遊び人)の外資コンサル男子を除けば、彼らは基本的に「真面目」である。「夫」や「父」という役割を与えられれば、任務遂行に全力投球するのだ。

そんな彼らに敢えて処方箋を与えるとするならば、なるべく若いうちに「許容力」を身に付けることである。

IQがやたらと高い彼らは、他人(女性)に対して、自分と同レベルの能力や価値観を求め、そうでない人間を冷酷に見下す傾向があるからだ。

(しかし実際、頭の良い彼らの大半は、年齢を重ねるにつれて本来の刺々しさは薄れ、自然と「許容力」を身に付けるようだ)

婚活成功例


先述した通りだが、アーティスト系、芸能人、そしてスーパー専業主婦と言った、彼らとは違った能力を持ち、彼らが心から尊敬できる女性に出会い結婚に至ること。

さらに本人が「許容力」を身に付けていれば、幸せな家庭が約束されるであろう。

婚活失敗例


「女は基本的に、男より劣った生物だ。」

ここまでは口に出さないとしても、「女は馬鹿だ」と、男尊女卑の思考を持つ外資コンサル男子は少なくはない。

そんな彼らは、いくらハイスペックだとしても、女性からは「ヤバい男」と影で噂され、孤独な生活を送る。結婚まで至ったとしても、極めて離婚の確立が高い。



外資コンサル業界は転職や中途採用も多く、部署によってもカラーは異なる。事業会社や銀行出身のコンサルタントも多く、彼らは様々な分野でのエキスパート集団と言える。

基本的にアラサーでの既婚率が高いのは、やはり外資コンサル男子は「モテる」職業であるからだろうことは間違いない。また多忙ゆえに、一度交際をスタートすると、自然と結婚へ向かう確率が高いようだ。

次週9月25日日曜更新予定
女性に根強い人気を誇る職業、お馴染みのCAを分析

【これまでの東京婚活マーケット分析】
vol.1:ホントに高嶺の花?自分大好きすぎて、ホスピタリティ・ゼロな外銀女子

この記事へのコメント

Pencilコメントする

コメントはまだありません。

【東京婚活マーケット分析】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo