仙台まで行かなくても銀座でOK!本場の絶品牛たんが食べられる新店!

肉質、厚み、塩加減、熟成度、焼き加減の全てをこだわりぬいた末に辿り着いた「牛たん」がこれだ!

仙台名物の一つとして全国に知れ渡る「牛たん」。本場の牛たんが都内で気軽に食べられることができる店と言ったら『牛たん炭焼 利久』が挙げられるだろう。

そんな同店が今までとは一風変わった新スタイルの店舗を銀座にオープンしたのをご存知だろうか。今回はその新店『仙臺牛たん 撰 利久』の魅力をぎゅう(牛)っとご紹介しよう!

牛たん焼6切れ、テールスープ、麦飯、自然薯、玉子がセットの特撰 牛たん定食¥2,300(税抜)

牛たんの厚み!塩加減!熟成度!焼き!とことんこだわりぬいた「特撰 牛たん定食」

まずご紹介するのは、同店の代名詞「特撰 牛たん定食」だ。

赤色が残る絶妙な焼き加減の牛たんをひと口いただいてみるとザクッとした心地よい食感とともにジューシーな旨味が口の中いっぱいに広がる!他店の『利久』の牛たんとは明らかに異なる仕上がりにびっくりだ!

旨味たっぷりのジューシーな肉厚牛たんは麦飯との相性も抜群!

その秘密は、「厚さ」と「肉質」の2点! 従来の店舗に比べ、『仙臺牛たん 撰 利久』の牛たんは、選び抜かれた職人のみしかカットすることのできない絶妙な厚さを採用。また、肉質もより高品質のものを使用しているのだ。

同店で使用している国産自然薯は「山のうなぎ」と言われるほどの滋養強壮食として有名!粘り気も強く、美肌効果にもばっちりだ!

そこに従来からのこだわりの塩加減、熟成度、職人の技による焼きが加わることで、厚みがありながらもやわらかく、旨味たっぷりの牛たんを実現することができているのである。

本場仙台に負けずとも劣らないこだわりの牛たんがここではいただけるのだ!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ