えっ、あなごを生で?都内で唯一絶品あなごの刺身が並ぶ店がまもなく上陸!

みなさんは”あなご”のお刺身って、食べたことありますか?われわれに馴染みのある”あなご”は、お鮨や天ぷらなど加熱調理されているものがほとんど。なぜなら、”あなご”を生で食べるには新鮮さがモノをいうので、仲買人を経由する流通ルートでは、口にすることができないのだ。

超レアな、しかもブランドあなご「黄金あなご(こがねあなご)」を、東京で唯一”生”で食べられるお店が、田町に9/16(金)にオープンするのだ!

これが「黄金あなご」のお刺身!あなごと言えば、つい茶色いものを想像してしまうが、薄造りお刺身は、きれいな白身でふぐ刺しのよう。


対馬の「黄金あなご」はここがスゴイ!

都内で唯一「黄金あなご」の刺身が食べられるのが、9/16(金)に開店予定の『KONNE(こんね)』。
この店の経営陣の一人が対馬出身。特別なルートを駆使し、国境の島・対馬の漁師さんから毎日空輸で直接仕入れを実現!遠く離れた東京でも、この美味しさに出逢えるというわけだ。

では、「黄金あなご」と他のあなごは、どこがそんなに違うのか?
まず、脂ののりが別格!対馬の豊かな海で、良質なエビ・タコ・イカを餌としているため、脂が乗ってジューシーな味が口の中にあふれる。

美味しく育つべき条件が完璧にそろった対馬の漁場。

そして、”身の締まり方”が全然違う!「黄金あなご」は、水深150m~200m、水温約6℃あたりに生息しているため、豊富な餌を食べて丸々としながらも、身はしっかりと筋肉質、独特の歯ごたえが楽しめる。

こちらも新鮮な薬味(かぼす、目ねぎなど)と一緒に、藻塩でいただくも良し!ポン酢でいただくも良し!

そんな「黄金あなご」は、地元の人も絶賛しオススメするのが刺身なのだ!旬のふぐや、白身魚の王様”クエ”にも似ていると言われるほど。一度はトライしてみるべき、ごちそうなのだ。

冷凍しては台無し!鮮度が命の「黄金あなご」は、揚がったままの新鮮な状態をキープするため、対馬で丁寧な下処理後、冷蔵のまま空輸・直送されるのだ。ここまで聞くと「相当お値段が張るのでは?」と心配だが、勉強しまくりの価格で頑張るという。

シンプルながらあたたかみのある雰囲気でいただく和食は、気分もほっこり。

2F:木目のあたたかさを感じる割烹スタイル

店内は2フロアに分かれており、2Fが「割烹スタイル」で、カウンターと小上がりがある。木のぬくもりを感じる内装にマッチした割烹着を着た女性スタッフが、自宅でのくつろぎを再現するような雰囲気でお出迎え。

カウンターには、「本日のおばんざい」が並び、肩肘張らず、ついつい足を運びたくなるような居心地の良さを追求している。

都心の隠れ家的な立地もいかして、スタイリッシュなラウンジで使えるシーンの幅も広がる!

3F:スタイリッシュなラウンジ風

3Fは、がらりと雰囲気を変えて「ラウンジ風」に。割烹だけだと、利用するシチュエーションが限られてしまうためだ。2軒目で、旨い肴とお酒をちょっとだけ飲みたい気分の時や、遅い集合となってしまったデートには、お洒落なラウンジで過ごせるのだ。

さらにうれしいことに、テラスもあるので、秋の夜長の恋語りで盛り上がることもできちゃう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ