崖っぷち結婚相談所 Vol.4

崖っぷち結婚相談所:どんなに美人でもモテない?勘違いと高飛車のダブルパンチの痛い女

勘違い女・杏子への辛辣なダメ出しが、ついに始まる!


「杏子さん、あなた、だいぶ勘違いされているようですね。」

通された部屋に入るなり、直人は挨拶も抜きに厳しい口調で言った。

「は......?」

「あなたを見くびっていた僕にも責任がありますが、事態を深刻に考える必要があります。」

「何ですか、突然?あ、飯島さんとは、上手くいき...」

「だから、それが勘違いなんです。」

直人は、杏子が言葉を言い終える前に、苛立った口調で遮った。

「あなたは何も理解していない。飯島さんは、ご登録頂いている男性の中でも、トップクラスです。収入・年齢・ルックス・性格、すべてパーフェクト。ただ、ご多忙と真面目すぎる性格ゆえに、結婚相談所を利用してるんです。」

「もちろん、良い人なのは分かってますよ。2回目のオファーが来たなら、私もお受けするつもりです。」

杏子も強気で言った。

直人の言う通り、飯島は中々の優良案件だった。そんなことは分かっている。自分と釣り合うと思える男など滅多にいないのだから、杏子が好感を抱いたということは、それなりのレベルの男だという何よりの証拠なのだ。

「だから......。飯島さんから、2回目のオファーなんて来てませんよ。それどころか、もうあなたの様なタイプの女性は、どうか推薦候補者から外して欲しいと仰っています。人のよい飯島さんが、そんな意見を寄せられたのは初めてです。」

「え......?ちょっと、理解できないんですけど、どういうことですか?」


「杏子さん、そもそも恋愛市場で言うと、あなたより飯島さんの方がずっと市場価値は高いんですよ。分かりますか?

簡単に言えば、飯島さんに好感を持つ女性は、あなたに好感を持つ男性より恐らく10倍ほど数が多い。つまり飯島さんは、あなたよりずっとモテる。これで理解できますか?」

杏......


【崖っぷち結婚相談所】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo